宗門の行の極みへ。金剛禅総本山少林寺高槻南道院ホームページへようこそ

当道院について

少林寺拳法は金剛禅であり、心身一如の修行法です。身心を練磨することにより、 ダーマの分霊たる自己の確立を目指します ≫詳細ページへ


修練体系

基本、法形、鎮魂行などの修練を行うことで偏ることなく修行します。 ≫詳細ページへ


見学・参加を希望の方は

見学、参加の御希望は随時受け付けております。まずはお問い合わせにてご相談ください。


少林寺拳法とは

少林寺拳法は1947年、日本において宗道臣(そう・どうしん)が創始した、教え・技法・教育システムによって、自身と勇気と行動力と慈悲心を持った社会で役立つ人を育てる”人づくりの行”です。一人ひとりがまず頼りになる自己を確立し、人間同士が援け合い、共に幸せに生きるための道を説いています。