平成25年2月7日木曜日

今日修練中に気になったのは、「払受蹴」です。
前鉤足から払受、逆蹴と行うのですが、私はこの時に受けを手先で行っていました。
修練の途中で道院長が言われていたのが
「相手の攻撃を受けると人はストレスから緊張します。緊張すると腰が高くなる。」
「相手の攻撃が来たときには相手よりも低くなる。息を吐いて低くなる事をする」
攻撃、ストレスに対してどのように対処するのかが表現されているのではないかと思います。
私がよくやってしまうのは手が先に行き、相手の蹴りに対して向かえに行く。
目だけで攻撃を捉えがちです。
その結果、腰が引けて手だけで受けるようになってしまう。
そういう受けをすると攻者は蹴ることは出来ませんが、受けられると痛いのです。
また防げても二撃目、三撃目を行う余裕があるので連攻されてしまいます。
攻撃、ストレスに立ち向かうのも良いですが、道場での稽古、日常においても衝突するばかりではお互いに痛みが伴います。
同じ土俵で戦うのではなく相手より低く入る事によって攻撃を躱し前に入る事が出来ます。
低くある事で衝突せずに行う事が出来るのではないかと思います。
緊張すると股関節、膝関節が固くなり動けなくなります。
私は特に大腿四頭筋が緊張します。
ブレーキ筋である大腿四頭筋が働いていては前に進めません。
構えの前に気構え。衝突する前に自分の身体を感じる。
ぶつかる時には息を吐き、股関節を緩め、腰を低くする事を日常でも認識する。
緩める意識を日常でも実戦していこうと思います。

(沙門 記)
-------------------------------

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中