平成25年3月18日月曜日

今日の修練で「蹴天三」を行いました。
「蹴天三」の特徴は、攻撃の最初の上中二連突を、後ろに下がるのではなく、横に転身することで見切り、避ける事であるそうです。
この時守者は、攻者が蹴りにくく、尚且つ自分の攻撃が相手に当たる位置に転身することが大事であると指導して頂きました。

また、後半には「引胸落」を新科目として指導して頂きましたが、この時も「自分のした動きが相手に伝わる」事が大切であると助言して頂きました。

どちらも、自分のした動きが、相手に無駄なく伝わる事が大切であるということを教えて頂きましたが 「蹴天三」にしても、相手が蹴りやすい位置に入ると十字受で防ぐ事が難しくなりますし、かといって極端に相手に近づいたり遠くなってしまっても、今度は自分の攻撃が相手に伝わらなくなります。

「引胸落」も、自分の手の動き、肩の動きを相手の身体に伝わるようにしなくては、上滑りして技はかかりません。

自分の想いや行動を相手に伝える事は、日常的に誰でもやっていることだと思いますが、いざ少林寺拳法の技で体現してみるとなると、上滑りしていたり力ずくになっていたりして、正確に相手に伝わっていない事がよく分かります。

この「自分のした行動がうまく相手に伝わらない」という事は、日常では意外に経験していないように思います。何故なら、そこまで一生懸命相手に伝えようという機会が無いからのような気がします。

しかし、少林寺拳法でも体現されるとおり、自分のしていることはあまり人には正確に伝わっていないのが、ある意味現実なのだと感じます。

伝わらないからといって、無理に力ずくで抑えこんでも逃げられるか、逆に相手の方が力があればやり返されます。

人は自分とは違う人間であり、同じ価値観をもつ事もわかりあう事も本当は難しいという事もあるでしょうが、その上でどれだけ自分の想いを伝えられるか、また、伝える努力をするかは、とても大事だと感じました。

今回、技を通じて「自分の行動、想いは正確に相手に伝わっていない」ことを学びましたが、その上で、少しでも「相手に伝わるにはどうしたらいいか」を深めていかなくてはと思います。

そのためには、まずは意識的に「自分の行動、動きが相手に伝わっているかどうか」を注意して観察していければ、少しでも技の理解に近づくのではと感じました。

今日も読んで頂き、ありがとうございます!

(沙弥 記)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中