平成25年4月8日月曜日

今日の法坐では、4月という始まりの季節である事もあり「年度始めの目標」についてお話しして頂きました。

同じ目標に向かって進んでいるつもりの仲間たちも、ともすると、違う方向へ行ってしまう事もあります。

そんなとき、相手に寄り添ったり、また、自分も方向を間違えていたら、相手に沿ってみたり…と、仲間同士、自分のたち位置を確認しながら、お互いが、目標に向かって進んでいく事が大切なのだとお話しして頂きました。

だから、気をつけなくてはならないのは「日々、自分の方向性を修正していくこと」だとお話しして下さいました。

私自身、日常で考えてみても「目標」と「方向性」と「自分のやっていること」がバラバラになっている時があります。

「目標」が何であるか、また、自分の「方向性」がその目標に向かっているのか、自分の「やっていること」はその「方向性」に沿っているのか。

1月に、新年の誓いをたて、私は「少林寺拳法や日常で、自分のやっていることの質を高める」ことを目標にしました。

1月からもう4ヶ月がたち、私はその「目標」に向かえているのかを考えてみると、私の日常行っている行動は、やはり少しぶれているかなと感じます。

自分の今やっている行動は、最終的にどこに向かっているのかを考えて、もう少し丁寧な日常を送れたらと思います。

(沙弥 記)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中