平成25年4月15日月曜日

今日は「外巻落」という技を行いました。

「外巻落」は、そんなに難しい技ではないそうですが、実際にやってみると、なかなか出来ません。

私はけっこう動いていて、力も入れているのに、その自分の力が、全く相手に伝わっていないのが分かります。

つまり、自分の力を相手に伝えたいし、伝えようと思って動いているのに、実際には全く伝わっていないのです。

これは、本当にこういう事を何回繰り返しても、無駄なのだろうなという行為だと感じます。相手に伝えることが出来れば一度でいいのですが、伝わっていなければ何回やっても同じです。

これは、技だけでなく、対人関係や人生で、私がこういう生き方をしているのが、そのまま技に現れているのだと感じます。

相手に伝える、相手を動かすというのは、どういうものなのか。自分の今までやっていた方々では、伝わってるつもりが伝わっていなかったのです。

日常はルーチンが多いので、正直、あまりこういうことを如実に感じる事はすくないのですが、いざ道院で技をかけてみると、顕著に感じさされます。

悔しいとか落ちる気持ちもありますが、自分が何ができて何ができていないのかを感じることができます。
だから、自分の事を知るという意味では、やはり修練はとても面白いなとかんじます。

これからも、修練を通じて、いろいろな角度の自分を知り、自分の本当の立ち位置を知ることができたらと思います。

(沙弥 記)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中