平成25年4月18日木曜日

今日は科目の復習と大会に向けての演武の練習を行いました。
特に気になったのは道院長が最後に話をされていたことです。
私はこのように感じました。
修練をしている中で、新科目をやる前にその技に派生するものを行います。
今日は「抜打押小手」を行いました。その技を行う前に「両手押小手」を行いました。
「両手押小手」をやった際に三人で組んでいたのですが、一人が技をやった時に何か違和感を感じました。
この動きだったかな?自分自身もうろ覚えになっていた所もあり、隣の組を見るとやはりやり方が違いました。
一人一人によって技が変わってしまうというのでは困るのです。自分にしてもそうです。
今回の場合は「両手押小手」と言われて始めは違う事をした。
そうではなくて、皆が技を同一のものを想像していないといけないのです。
皆が分かるから法形が共通言語としては成り立つ。
「両手押小手」と言われたら皆が同じ物を出来るようにしないといけない。

また技一つとっても理合があります。「十字小手」、「切小手」、「袖巻」いずれもS字の形になるので基本は同じになるはずなのですが、一つはかかるけれども他の技は掛からないという事があります。
同じ理合を使っているので出来るはずなのですが、形だけを覚えていると技はいくつもありますから覚えるのは難しいでしょう。
技を系統立てて理合を見つける。道院長が教えてもらっていた時代には1回しか技を教えてもらう事が出来なかったそうです。
だからその1回でいかに理合を見て聞いて覚えるかが大事だったと伺いました。
今は多くの資料があるからそれを見て毎日技の事を考える事が出来ます。
考え続ける事が、明日は昇級昇段試験です。明日は大会です。と言われても大丈夫な状態に繋がるのではないかと思います。
演武の練習を今日も行いましたが、単調な動きになってばかりでした。
「間合」や「虚実」をもっと活かす事の出来る状態になれるように技を修練していこうと思います。

(沙門 記)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中