平成25年5月27日月曜日

今日も大会の組演武の修練を行いました。

今回の修練で助言していただいたのですが、私は演武の技と技の合間に、一呼吸拍子をとって休んでしまう癖があるということです。

以前から同じ事を指導して頂いていたのですが、恐怖心があったり、頭で考えて演武を行っていたりすると、余計に顕著にそれが出るようです。
自分でも止めたいのですが、癖になっていて、意識しても中々直せません。格好悪いなと感じています。

自分の中の余分な感情や頑張り、強ばりが、余分な動きとして技に出ているのを感じます。

それは、もちろん良くない事なのですが、自分の悪癖をまざまざと見せつけられると、直そうという方向に意識がいくので、これはこれでいい事だなと感じます。

恐らく、日常においても、考え過ぎていたり余分な頑張りがあって、それが余分な行動として出ているのだと思います。

私は、やらなくてはならないことを、つい後回しにしたり、何も考えずにやればいいのに、つい考えて嫌になってやらなかったりと、日常的に無駄が多いのです。

その無駄が、技の動きの中の無駄と通じるなぁと、つくづく感じます。

ずっと指導して頂いていることですが、技の修練ももちろんですが、日常の家事などをさっさと片付ける事が、やはり技の上達につながるのだと、改めて感じます。

「日常の家事をさっさとやる」事を、修練の一環として挑戦してみたいと思います。

(沙弥 記)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中