平成25年6月13日木曜日

今週は大会も終わり普段通りの修練内容に戻りつつあります。
月曜日に身体作りと基本を行いました。
月曜日の時点では身体作りの訓練法が出来なかったのですが、木曜日には出来るようになりました。
訓練法が出来ると少しは技が変わるのだろうかなとど甘い考えではいけませんね。
大きな変化などなく動きは硬いままです。
嬉々として訓練法は出来ても技が変化しないのではまだまだです。
改めて訓練法だけ出来た事を喜んでいた自分が、情けないです。

道場という場で出来た事を。
日常生活ではどうでしょう?知識や物をひけらかす。
そんなつもりは無くても態度に出ている事でしょう。
言葉では誇っていなくても否定しながらも、身体で何か出来た事を表現してしまっているのですからそちらが本当です。
何故そんな事をするのだろうと考えていました。
恐らく自分の嫌いな「評価」をして欲しいのだと思います。
日常では失敗や否定される事が多いので評価されるのは嫌だと言いながら、いざ自分が優位になれると出来る事を表現する。評価が嫌いな裏には評価が大好きな自分がいる。
よく先輩拳士に言われる言葉がありました。
「褒められたら終わりだよ」

大事な事を忘れてます。
どんな事が出来るようになっても淡々といつも通りにする。
平常心であるように、調子に乗ると叩かれます。
調子が上がっても下がっても同じ心境であれるように修練をしていきたいと思います。

(沙門 記)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中