平成25年8月29日木曜日

昇級試験も迫ってきて受験準備も忙しくなってきました。
ただ、組んでいる相手に技の説明をしてもそれが相手に伝わっていないのではと心配になります。
そんな中で感じるのは自分の中に壁があるということです。
この人はこういう人だから言っても難しいと自分で決めている。
だから説明する事を諦めている。
相手との修練で法理、法則を目指すのにお互いが同じ所を向いているはずが、自分自身がその方向を向いていないように思えてきます。
自分の中で決めて自分の中で良い悪いと評価をする。
そう思うと日常でも同様の事ばかりが目につきます。
常に自分の中に評価がある。
イライラするにしても不安になるにしても自分の中の価値観が常に働いて良い悪いを決める。
良いも悪いも無いはずなのですが、ずっと評価する事に依存している事に気づきます。
そこからどのようにして気づくかが大事なのだと思います。

先日、精神科医の名越さんの講座を聴きに行って来たのですが、その時に怒りには軽蔑が含まれていますと言っていました。
自分より劣っている優れている。
評価をして蔑んだり羨んだりしたりする気持ちがあると言います。
自分では表面的に怒るということは減ったと思っていても根本ではまだまだ評価するという怒りのエネルギーがまだまだある。
相手に対してイライラするのは自分の中に同じ物があるからです。
自分の中にあるものは見えないから分からない。
でも相手を見るとイライラそのものが見えるから腹が立つ。
なんとも自分勝手だと思います。
そんな自分の中にある壁を無くす。
相手に対して自分の物を押し付けるのではなく相手がどうしたいのかを感じられるようにする。
相手を見る為には壁があっては相手の物は見えてきません。
修練でも日常でも壁を減らして物事を見てみたいと思います。

(沙門 記)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中