平成25年9月16日月曜日

今日は科目の復習を行いました。
後輩拳士と修練を行っていたのですが、とても力強いので中段突を受けた際に突きが手に当たりました。
それがとても痛かったのです。
それを受けて思ったのは自分は変わっているのだろうかと思いました。
少林寺拳法の修練だけでなく個人的に修練してるのですが、中々変化が分からない。
ただひたすらにやるだけで昨日より今日、今日より明日と変わっているのが分からない。
変化の仕方は小さいものなので気づく事が出来ない自分があります

何事でも捉え方一つでだいぶ変わると思うのです。
日常で起きる一つ一つの出来事に対して流れを見れないことも出来ない要因の一つかなと思います。
この時は良かったから何かのお陰、この時は駄目だったから無かった事にする。
よくよく考えると日常は色々変化をしています。
ですが、その変化が当たり前になっている事に気づかない。
以前までなら仕事が終わるのが遅くなることが多々ありました。
最近は気づけば早く帰れる日が増えている。
何かトラブルが起きても早く解決する。
時間がかかると思ったものが直ぐに出来る。
よくよく思い返してみるとどんどん変わっているのです。
出来なかった事を出来るようにするのは解りやすい変化です。
中々出来ないからこそ出来た時は嬉しい。
ゲームでも最初から強い状態で始まったら何も嬉しくない。
出来ない事ばかりに目を向けるだけでなく何か少しでも出来る事を見つける。
目に見える変化だけではなく見えない小さな変化を日常から感じる癖をつける事で自分の変化に気づく事が出来るではないかと思います。

(沙門 記)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中