平成25年9月30日月曜日

今日は、試験準備として、組演武と抽出科目の中の柔法を中心に指導して頂きました。
柔法では、龍投、諸手逆後手、下受蹴小手投、上受逆手投、上受投、巻落、外巻落、を指導して頂きました。
今回指導して頂いた技は、龍華拳(龍投、諸手逆後手、下受蹴小手投、)五花拳(上受逆手投、上受投)羅漢拳(巻落、外巻落)に大別できます。
まず、龍華拳では、逆手を取った後、相手の大拳頭を押さえた手を素直に、そのまままたの下に降ろし、無駄なく技をかけることを指導して頂きました。
そして、五花拳では、かけ手についてのポイントを教えて頂きました。
五花拳と他の技との違いは、かけ手で親指を使うかどうかであるそうです。五花拳の中の上受投、上受逆手投は、剛法で受けてから柔法を行う技です。この、柔法をかける時に、かけ手を絶対に握りこまないようにと指導して頂きました。親指を使って握りこんでしまう技は五花拳ではないそうです。
羅漢拳の巻落では、まずは、巻落行うための正確な攻撃の仕方を教えて頂きました。
巻落を行うためには、拳を真っ直ぐ上に向けて、相手の襟を握りこむそうです。それが、横になれば片胸落になってしまいます。また、外巻落の時も、同様の指導をして頂きました。
今回のように、たくさんの技を一度に指導して頂ける機会はあまりなく、いつもの修練では、一つの技にもう少し時間をかけて指導して頂きます。試験前なので、特別にたくさんの技をまとめて指導して頂くことができ、とても勉強になりました。
道院長は、当たり前すぎて言うまでもありませんが、本当に深く技のことを理解しておられます。なので、複数の技を指導して頂くことで、道院長の中で整理された技のつながりを、まとめて教えて頂けます。それは、技のつながりや違いがよく分かっていない私のような拳士からすれば、本当に有り難く感じます。
また、道院長にたくさんの技を指導して頂くと、技の理の違いによって、身体の使い方の系統があるというのを、よく感じることができます。自分の中でバラバラになっていたものが、まとめて指導して頂くことによって、整理されていくような感覚です。
そのように指導して頂くと、自分は今まで「理の異なる技を、同じ理でかけようとしていたな」などということや「これでいい」と思っていたものが、全然違っていたりなどして、新たな発見があり、面白く感じます。
おそらく、日常でも「無理・無駄のないやりかた、方法」というのが、何にでもあるのだと思います。けれど、「自己流」のやり方をしてしまって、結局、無理・無駄が多くて疲れる、もしくは出来ない、などと言う問題が生じているのではないか、と思います。
だから、一見少林寺拳法とは日々の家事や仕事の中にも、「無理・無駄のないやり方。系統だった体の使い方」というのは存在しているのだと思いますし、その法則を探していくことは、少林寺拳法の上達や深い理解にもつながるのではと思います。家事や仕事をこなすことも、頭を使って身体を動かすことにおいては少林寺拳法と変わりありません。
自分の努力不足もあり、なかなか自宅での修練にかける時間を捻出することが難しいのですが、少林寺拳法で学んでいるような意識で、家事や仕事を行っていければ、そこからも学びはあるのではないかと思います。
そういう意識で、日常の家事・仕事に取り組んでいければと思います。

(沙弥 記)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中