平成25年10月3日木曜日

今日も科目の復習を行いました。
その中で感じたのは「目的を間違えないようにする。」ということです。
片手投をしていた際に先輩拳士よりアドバイスを頂きました。
相手を引く事が目的ではなく、相手の体重を小指側に体重を乗せる事が目的である。
ですが、自分が実践しようとすると同じ事をするのでも、体重を乗せるつもりが引っ張って乗せようとするので相手は余計に安定する。
頭の中の仕組みが引っ張ったら乗るというようになっているのでしょうね。
でも、体格差があるから余計に動かない。
相手の何処を見ているかと先輩拳士に言われました。
手を見るのではなく。足を見る。
意識というものは不思議なものです。
手を見れば手しか動かない。
足を見ながら手を引くとその力は同じ力でも伝わり方が全く違うものになりました。
やっぱり意識とは不思議だなと思うと同時に問題そのものを見るよりもその根元にあるものを見ると変化していくのではないかと思います。
どうしても問題が起きるとそれに対してなんとかしようと私自身は思ってしまうのです。
ですが問題として起きてしまっているので変化させることは難しい。
今も仕事をしていて困っている事があるのですが、それ自体を解決しようと奔走してみるものの解決の手立てはありませんでした。
どうしようもないので人に話をすると問題を無くすことは出来ないけれども打開策を教えて頂きました。
綺麗に解決はしなくても上手く行く方法があるのだなと思います。
上手く行く方法は自分にとって何が一番重要で、何が必要なのか、何がしたいのかという目的をしっかり持つことになるのだと思います。
意識しているようでぼやけてしまう目的をはっきりする為にも自分の中で意識するだけでなく形にして人の目に触れることで自分自身がより変化していくのではないかと思います。

(沙門 記)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中