平成25年11月21日木曜日

今日も科目の復習を行いました。「送小手」、二段科目の「龍投」を行いました。

送小手ではこのような指導をして頂きました。送小手をするのに注意をして欲しいのが龍王拳である巻抜を使う事です。ただ巻抜をすることを意識していて巻抜の動きが龍華拳の送小手に繋がっていない。相手に対して自分の抜き方がどのように作用しているか感じていない。感じていないから、相手は片腕だから両手でどうにかしようと動きばかりを意識する状態になっている。
そうではなく、相手の手の状態を感じる。巻抜の形を意識するのは良いのですが、そのまま巻抜の形を意識すると手が抜けてしまう。抜けた状態からするのではなく攻者が掴んでいるけれども力の伝わらない状態を作る。そうすることによって力の伝わり方が変わってきます。龍華拳は相手に力を伝える、龍王拳は相手の力を抜くという違いを意識して下さい。

相手を崩すのにも3種類あります。肉体的、物理的、精神的の全部が伴って相手が崩れた状態になります。物理的に崩れてもバランスを取れば起き上がる事も出来るでしょう。ですから3種類出来るように研究し続ける事が大事です。

また足の入り方も重要になります。小手抜は半歩寄せ足をします。逆小手は三足転位をします。送小手は右足が左足を越えて前に入ります。この時に注意して欲しいのが巻抜の形を作りながら入るのですが、巻抜をして形を作ってから入る人がいるので二歩、三歩と足をつかないようにする。前に入った時には順突と同じ形の足の状態になるようにする。踵から着地しないようにする。膝よりもつま先が先に出ないようにして下さい。

龍投
相手が非常に軟らかく形を作ってもまだ姿勢を保っている時に行います。入る時に注意して欲しいのが真っ直ぐ入る事です。どうしてもぶつかりながら形を作ろうとしています。入り方はまずは相手の指先をしっかり下に向ける事です。少しでも上を向いていると相手に抵抗されて入りにくくなります。ですからしっかり逆小手をかける。その上で駄目だから龍投に移るようにする。下さえ向いていれば相手の抵抗はないので腕を曲げやすくなります。
 龍固の時には相手を膝で押さえるのではなく相手の首を側屈させることです。側屈することによって経絡が伸びるので龍固が効きやすくなります。伸びていないといくら固めて効きにくいのでしっかり首の根元から伸ばすようにする。また最後に当身をする時には適当に動くのではありません。半転身の形を使うことで自然と相手の肩が固まります。固まると背中が反るようになります。その時に相手の後三枚を蹴ります。

龍華拳は相手に力を伝えるという話が今日はありました。伝えるといっても中々その伝える力が感じれていないように思います。伝えるというと相手を常に感じながら行うように思うのですが、自分がすると相手の事を考えずに形を作って技をかけているように思います。龍王拳でも似たような状態になっていると思います。感じると言ってもいざ修練となると自分で法形の形を作る事で頭が一杯になっている。相手がどのような状態になって欲しいのかがまだまだ曖昧になっているのだと思います。形のイメージはあっても自分の身体にそのイメージが無ければ相手に伝える事も出来ない。また相手を感じる事も出来ないのではないかと思います。日々技を細かく指導して頂いているのでそれを少しでも吸収して出来るようにイメージを練っていきたいと思います。

(沙門 記)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中