平成26年4月24日木曜日

本日の修練は、全員で真向法と基本動作の確認を行った後、各ペアに分かれて組演武の修練を行いました。

組演武の修練では、構成を考えながらそれらを正確に美しく体現できるように二人一組の修練を行います。
普段の法形修練とはまた違った間合いや足運びがあり、氣合の強弱、残心といったことにも注意を払います。

構成が完成したと思っても、いざその通りに動いてみると間合い的におかしな攻撃をしていたり、様々な発見があってとても楽しいです。

普段の攻守交代で行う法形修練とは違った着目点が出て来たり、こうでもないああでもない、これを試そうあれを試そうと何度も試行錯誤を重ねてゆく姿勢というのは、普段の法形修練において実践できているのが理想かと思いますが、やはり演武の修練を行っているときは出てきやすいように感じます。

その点で、組演武の稽古というのは「武道を通したコミュニケーション」の部分を強く感じます。

現在、私たちのペアではおおまかに構成もできてきて、あとはひたすらその完成度を高めていくという修練へと入っていきます。
何度も同じことを繰り返して行っていくことで、いつもは見過ごしているような細かい部分をお互いが注意しあうようになって、修正・向上していけるようにしたいです。

(U拳士 記)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中