平成26年7月28日月曜日

7月28日の修練では、基本修練の後、「打上段突」の復習と、新科目で「送四指捕」を行いました。

「打上段突」
 受けで相手の勢いを全て吸収し、その勢いを突きとして相手に返せるよう、意識して修練を行いました。相手の勢いを吸収することは、単に相手よりも丹田を低く落とすだけではうまくいきませんでしたが、相手の突きよりも速く、こちらの意識を相手の足下に滑り込ませるような感覚を持てば、うまくいったような氣がしました。それも、丹田からぶつかりに行くというよりは、膝下、膝、丹田というように、下から順に滑り込ませるような意識を持って修練を行いました。
 また、私は「受け」と「突き」の動作を区切ってしまいがちで、その「間」で腰が硬直していることに氣付きました。ひとつの動作であるはずの「受け」から「突き」の間を区切ってしまうと、相手の勢いを利用した突きはできませんでした。関節は、エネルギーのポンプであるようなイメージで、やわらかく使うように普段から指導して頂いていますので、悪い癖は改善していきたいです。
 打上段突は、氣の循環を意識しやすい科目であるように感じました。

「送四指捕」
 打上段突と同様に、身体だけのどうこうの工夫では、技はとても掛かりにくかったです。身体の使い方のコツとしては、肩・肘・手首のS字と手のひらのS字を二重にとるように指導して頂きました。
 道院長に直接技を掛けて頂いた時には、手首を締められる感覚はほとんどないまま、膝から崩されて立っていることができませんでした。こちらの抵抗を全て受け流されて、つっぱりがとれてゼロになる感覚です。
 力の衝突が技の掛かりを邪魔していると分かっていながら、いざ相手と向かい合うと手首を力で押さえつけてしまいます。手を使う技ほど、丹田や膝を意識しなければならないと思いました。

 何事にも表面で見える領域(表)と見えない領域(裏)があり、人間は表の領域ばかりを意識してしまっているということを、今回の修練で改めて実感しました。表ばかりを意識しても、裏ばかりを意識してもだめで、バランスのとれた修行を行えるように努めていきます。

(U拳士 記)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中