平成26年12月22日月曜日の修法記

今回の修練では、基本稽古と、BBC、錫杖伝の修練を行いました。

錫杖伝では、基本となる構え、受け方「直突」「振打」「下段突」の修練を行いました。

錫杖は、手足の延長線上と道院長が仰っていました。

なので、基本的な稽古がそのまま突きや、振打、受けなどすべての動作で使われます。
私は、錫杖ではなく、六尺棒で修練していましたが、腕力を使いながらやっていると、とても疲れてしまいました。

道院長は、筋力だけで行っているとすぐに疲れてしまうので、棒の重みを利用して突きは棒が飛んでいくようなイメージでやる事と仰っていました。
また、構えている時は丹田から棒に氣を流せるようにならなくてはいけないとご指導して頂きました。

突きや振り打ちは、思うようにいかず、体勢が崩れてしまいます。

基本稽古がまだまだ足りていない事が分かりました。
法器を使うと、普段では感じることのない不安定な感覚や、居着きを感じることが出来ました。

また、道院長は錫杖を使った突きなどが出来ていけば、振子突の質も変わっていくと仰っていました。

確かに直突は順突と同じ体の使い方、振打は逆突と同じ体の使い方です。

私は普段の稽古もまだ体の中心軸を使えていなかった事が分かりました。

振打は特に腕の力で錫杖を振るのではなく、引き手を使い振ると力まずに出来ます。

そういった事が分かっていても、腕力でしてしまっていました。

体に筋力を使った動きが染み付いてしまっているのだと、思いました。

初めて法器の修練をして、改めて自分の至っていない所を気付けた事が、今回の修練の一番の勉強になったと思います。

私は、今回の修練でこれからも日々の修練において、余分に入っている力を抜いて修練に臨んでいこうと新たな課題が見つかった修練でした。

(山崎颯太)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中