平成27年1月5日月曜日の修法記


新年明けましておめでとうございます。
2015年は1月4日の新春法会で各自が今年の抱負を述べ、1月5日からの初稽古となりました。
昨年末から稽古が数回休みとなっていただけに、初稽古はみんな意気揚々と各自思いを胸に参座していました。

基本稽古から始まり、胴突・胴蹴を行いました。
その後は各クラスに分かれて修練を行いました。

個人としては今回BBCを教えていただく機会に恵まれました。
相対で行うBBCは相手の力を感じながら、「歪めず・力まず・詰まらせず」を一貫して意識するようにと教わりました。
まずは相対で巡氣と推手を行い、エネルギーの流れを具体的に感じることから始まり、次いで歩法を行いました。
歩法では相手の動きを目で見て、触れている接点で全体を感じ相手の入ってくるエネルギーを感じるように意識すること。
また、相手が進む歩幅に合わせて自分も動く。
相手の歩幅分だけ下がり、相手の邪魔をせず相手が一人で歩いているのと変わらないストレスゼロの状態を作るという事。
今度は自分が進む場合には、「歪めす・力まず・詰まらせず」を意識しながら、力を入れて進むのではなく既に入っている力を抜くことで進むようにと教えていただきました。
相対の座法の場合は筋力を使わず倒れることから始まりました。
自分の力で倒れようとするのではなく、積極的に力を抜く事。
腰がこわばりやすいので特に意識的に力を抜くという事。
倒れた後は床の中に沈み込むくらいに力を抜いて手の力を使わずにお腹の中にあるボールを使って起き上がるようにとの教えを受けました。

相手の事を感じるにはまずは自分の内面をどれだけ感じることが出来るか。
無駄に入っている力、無意識に力んでいる筋力を抜く事で自分の状態を知ることが出来る。
BBCとは身体を通して自分と仲良くなる方法ではないかと。これを体感することは自分のリーダーになるということにも繋がっていくという道筋を見せていただけたように感じました。

(嶋立幸司)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中