平成27年1月8日木曜日の修法記

新年二回目の稽古となりました。
今日も基本稽古から胴突・胴蹴を行います。
その後、三人一組になり受け身の修練です。
二人が左右に分かれて、一人が相手に押されて受け身をとりつづけるという形です。
突然押されるため、自分で受け身をとるのとは違い対応できない場合もあるので、とても実践的であり、普段からの修練が出来ているかの確認にもなります。

次は、二人組での法形修練に入ります。
法形修練も現在行っている形は、自分自身を「歪めず・力まず・詰まらせず」を意識した修練となっていますので、普段とは違う形となります。
➀ [布陣] 対構  [体構]両者中段構 [守者] 下受からこま投げ  [攻者] 中段逆突
  
守者は相手の突き手がそのまま流れていくように邪魔をせずに返して投げます。
この時も投げようとするのではなく、相手の力を流す事によって、相手自身の力で投げられるように意識します

➁ [布陣] 対構 [体構]守者 待気構 攻者 中段構 [守者] 内受けしてこま投げ  [攻者] 上段逆突

基本的に足は少し外に動かすだけで、振り身で受けること。相手の突き手を邪魔せずに相手を転がす。

③ [布陣] 対構 [体構]守者 待気構 攻者 一字構 [守者] 十字受して掬投 [攻者] 中段回蹴

回し蹴りの足を処理して前に入ろうとするのではなく前に入ってから足を処理するようにします。
相手が蹴る0.5秒位前に入るイメージで、自然に、拍子をつけずに、力まずに、スーっと入って行くのです。
蹴りがどうくるかを見たりするのではなく、相手の中心軸だけを意識します。
相手を止めるとは、相手の中心軸を止めること、崩すこと。
相手の軸を「止める・崩す」という事は、すなわち鈎手手法と同じ原理です。
待気構で構えている時に既に相手を崩していることが大切になります。そのイメージは地引網のように、網を相手にかけているイメージで立ちます。相手が動くと同時に、網を引き、その仕掛けに引っ掛けるのです。そうやって、反射神経で動くのではなく、先に意識を飛ばしておくことが大切です。
すると相手の力がゼロになる瞬間があります。相手との空間の中にゼロになる瞬間がある。
そのような感覚があるのかをお互いに確認しながら修練に取り組む必要があります。
胴蹴りをお互いにやりあっているような修練になってはいないか、守者は相手を自分の中に入れまいと固める、攻者は自分の調子で入って行く、そういう感覚にならないように意識していく事が大切です。感覚としては攻者がなぜか「蹴りたくなくなる」「分からくなる」という表現になると思います。

④木刀を袈裟斬りした状態からの前受け身

通常の各種受身は、手を使って行うことが出来ますが、より一層身体を緩めて全体で受けれるようにするには手を使わない、腕を組んでも受身を行う事ができるようになることが必要です。
その為に今回は、全員が木刀を持ったままでの受身に取り組みました。
皆、身体をぶつけながらも一生懸命取り組んでいました。

⑤坐位からの一人受け身
自分の腰を緩めて前にお辞儀します。手はダランとする。その状態で、丹田にボールが入っていて、そのボールがゆっくり右に転がすと右に倒れ、左に転がすと左に倒れるように行います。
転がして倒れると自然に足がついてきますが、なるべく足の裏を上に向けるように転がります。
そこから元の位置に戻りますが、なるべく手を使わずに起き上がります。
最初から最後まで、足から動かずに、丹田から動かすことを意識して足首が最後に動くようにします。
そのようにして、丹田を鍛える受身を左右行いました。

⑥二人一組で坐位から手首持ち 二人受け身
お互いに手首を持ち、まず自分から倒れて⑤の要領で受身をします。
そして戻ってくると同時にもう片方の手で相手の肘に軽く手をかけ、相手を崩して相手にも受身をしてもらいます。⑤の時とは違い、一人で起き上がるより起き上がりやすさを感じるはずです。

⑦二人一組で立位から手首持ち後ろ倒し
攻者は開構えから入り身をしながら守者の手首を握ります。守者はそこから入り身をしながら相手の肘に軽く手を当てて後ろに倒します。その時に手を使って倒すのではなく、入り身をした時に、または握られる前から相手を崩しておく意識をすることが大切です。丹田から前に出て、相手の中心軸を崩すのです。

[総括]
修練全体的に意識したことは、丹田から前に出る、そして相手の中心軸だけを意識して、枝葉にとらわれないように修練を行うことだと感じました。八方目もそのような意識で行うことが大切なのでしょうね。
日常生活でも枝葉に因われることなく、軸を押さえた生活を送ると余分なことが減るのだと感じました。

(福原秀俊)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中