平成27年2月2日月曜日の修法記


今日は、BBC研究生と拳士とに分かれて修練しました。
私は、BBC研究生を指導させていただくことになりました。
BBCでは、まず真向法、巡氣、推手、歩法を準備運動として行いました。
とても単純な動きの繰り返しになりますが、単純な動きだけに身体の硬さや、その人がどういうことを考えているのか、どういうことに捉われているのかということがより明らかになってきます。
「歪めず、力まず、詰まらせず」ということを意識してもらっても、すぐにどこかが力んでしまう状態になりますので、常に自分自身で力んでいないか、歪めていないかということを意識しながら行っていきます。
今回は、特に「丹田から動く事」「手足の動きは正中線に沿わせること」も意識して行っていただきました。
相対での相互受身では、まず転がる練習から行いました。
正座の状態からお辞儀をして、転がります。この時は、特に腰と首を緩めるように気を付けます。転がるときは、肩から落ちると怖さを感じてしまいますので、少し倒れる方向へお尻をずらしてから転がります。
転がって仰向けになったら、足をのばして天井に向けます。その状態から、お臍・丹田を意識して、お臍をまず動かしてから手をつかずに起き上がります。
この動きだけでも、丹田を錬成する稽古になります。研究生も、苦心しながら行っていました。筋力ではなく、内面を使って起き上がることは、最初は難しいと思います。
また同じように、蹲踞の状態から後ろに転がる練習。これも、丹田を意識して手足をなるべく使わないようにして起き上がります。
次に、相対、正座の状態から手は推手の形になり、まず自分が転がってから起き上がり、その復元力を相手に伝えることによって相手が倒れるという相互受身を行いました。
始めのうちは、どうしても形を繰り返すことだけで精いっぱいになり、相手に力を伝えるという事にまで意識が行かなくなってしまいます。そこで、「相手の斜め後ろに、その人を護っている存在がいる。その存在に対して、感謝を向けるような気持ちで起き上がった後でお辞儀をしてください」と伝えました。斜め後ろを意識するようになると、お互いの氣がよく交流しているように見えました。

他の拳士達は、攻撃と構えを決め、受けの練習をしていました。
対構から守者は待機構、後者は横三枚へ差し込みの廻蹴を行います。
守者は攻撃に対し、掬受あるいは挟受で受けて、後ろに倒していました。
私は、BBCを指導していましたので、全ての内容は見ることが出来ませんでしたが、横田道院長のご指導では、「みんなぶつかりにいっている。お互い向かい合っている状態から、守者は開さがって待機構になってみなさい・・・、ほら、これをやればいいだけです」とおっしゃっていました。
つまり、待機構になるという動きを行うことで、相手の攻撃してくるという力を一度無力化して、それから入りなさいということをおっしゃっていたようです。
横田道院長がおっしゃるには、「体構え」の前には、必ず「心構え」があります。この心構えが大切です。「守主攻従」という言葉がありますが、この言葉の本来の意味は、まず心構えの段階で、こちらの胆力によって相手を押さえておくということだそうです。
構える時も、八方目で相手を見ます。この八方目というのは、ただ全体を観るということだけではなく、相手を粒子レベルまでバラバラにし、天井も床も相手も、全て境目が無い位にまでするようにして相手を観る。すると、相手の氣の働き、意識状態を感じることが出来るようになります。そのようにして、相手を制するのだそうです。

自分自身の中にこだわりがあり、何かを守りたいという恐怖心や相手を痛めつけてやろうという思いに捉われてしまうと、突き手や蹴りの動き一つに惑わされ、身体が硬くなってしまいます。
しかし、もっと微細なレベルにまで意識を深め、核となる「氣」や「意識」の動きだけをしっかりとらえることが出来れば、もっと無駄なく、無理なく、最短で相手を制することが出来るのだろうと思います。
その為には、まだまだ自分の中にある不安や恐怖心から離れ、自由な心を手に入れる必要があるのだろうと思いました。BBCの指導も、より深まった部分を相手に伝えたり、見せたりすることが出来るようになりたいと思いました。

以上、最後まで読んで下さり有り難うございました。

合掌

(嶋立歩美 記)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中