平成27年2月5日木曜日の修法記

合掌
今回の修練では、基本稽古に続き時間を決めた中で行う胴突、胴蹴を行いました。
基本は毎回行っているのですが、基本の掛け声と気合いが発した瞬間から場がガラリと変わります。
道着に着替えた時から、気持ちが日常から非日常へとシフトチェンジしているのですが、まだ混沌として会話もしていす。
基本が始まると私語は自然と収まり、その場を全身全霊で感じようと一瞬に変化します。
毎回この場を作り上げていただいている横田道院長に感謝し、同じ志を持つ仲間がいるからこそだと思います。

その後、相対で下受の状態から相手に中段突をしてもらいます。相手の中段を受けにいくのではなく正中線・正中軸に影響があるように全身を受けます。
相手の動かしている中段突だけを見て受けに行くと相手に与える影響は少なく、自分も相手に依存してしまい一緒に崩れる事になります。
八方目で相手だけでなく相手の周りにある空間全体を見ることで、中段に突いてくる突きだけではないものまで受けることが出来ると教わりました。
この時に非日常にシフトチェンジしていた意識状態から日常の意識が顔を出して来ることもあります。思考にはそのまま静観していただいき、道院長が見本を示して頂いたままを自分が体現出来るように心掛けています。
両手寄抜から相手の力をそのまま相手に返す事と両手巻抜からは相手の力を受け流し相手の場所と入れ替わる動きを教わりました。

いずれも平易な言葉を用い教えて頂くので、受け入れ易いのですがその言葉とは裏腹に相手への影響が大きく自分の常識でははかり知ることが出来ません。
同じ言葉を使って説明されていても、その言葉の使い方や意味するところが全く違うのだと思います。
下受をするにしても、肘を曲げるには始めに肘を伸ばしている必要がある。受けるから肘を伸ばして受けようとしているがそれは下受ではなく、離している。受けようとするときはしっかりと肘を曲げて物を受けるときみたいにしなければ受けることは出来ないと話されます。
自分の先入観と経験が邪魔をして、受けをなしてないことに気づくことも出来ませんでした。
知っている技を出来るに、新たな世界を知ることが出来ました。
結手

(嶋立幸司 記)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中