平成27年3月19日木曜日の修法記

本日の修練は、基本稽古、前進稽古、科目の復習、新科目「首締守法十字投」、学科「金剛禅の名称の由来」を行いました。

「下受蹴小手投」
普段相手のエネルギーを吸収するように行う下受と同様に、相手の突きの邪魔をせずに、その突きを利用して相手を崩すように指導して頂きました。裏固めは、前回の修練で意識した「背中全体をおさえる」感覚を持って行いました。

「押小手」
押すイメージを強く持っていますが、相手の方に押し返すのではなく相手の手のひらを地に向けるようなイメージで行うように指導して頂きました。

「首締守法十字投」
首締守法はこの科目で初めて登場しました。相手の肘が曲がっていると守法だけでは間に合わない場合もあるので、相手の肘を伸ばすように指導して頂きました。十字投で相手の膝を崩すために、相手の手首を殺す時にはこちらも腰を切るように注意して行いました。

全体を通して、副道院長が仰っていたのは「修練がストレス発散の場にならないように」ということです。力いっぱい法形修練を行うのもまたひとつ、ただ重要なのは、一つの法形でも要となる箇所があって、そこを意識することだと指導して頂きました。

今道院は新体制のもと動いていて、基本稽古の主座や学科も各拳士が担当制で行っています。各々がテーマを持って毎回の修練を深みのあるものとし、研鑽を積む必要があります。
法形修練で指導して頂いた「ものごとの要を捉える」意識を常に持って、仲間と切磋琢磨し、修練に励んでいければと思います。

(梅田海来 記)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中