平成27年4月30日木曜日の修法記

今日は基本修練と大会に向けて演武の練習を行いました。

演武の技の構成は出来ましたが、自分自身の動きがしっかりと出来ていないと感じます。攻者からの攻撃に対して自分は余計に動いてしまう。動くことによって間合が変わってしまう。その間合では拳で突くよりも蹴りの間合になっていないか?また自分が攻者になる時でも上段の何処を突いているのかがしっかり出来ていない。頑張って動いているつもりでも空を切るような形になっている。動きに無理があるからか自分自身が崩れてしまっている。

 先輩拳士にご指摘い頂いた点としては
・蹴るのにしても脇が空いている。
・蹴る姿勢が無理矢理蹴ろうとして頭が下がっている。
・技の手数が多い割に技の極めがはっきりしない。
・構成の時間が少し長い。
・拳や蹴りに伸びが無く小さく見える。
などです。

特に指導されたのは姿勢の問題です。躱すというよりは逃げているように見える。体捌があって足捌、手捌となりますが、手先、足先が物を言って攻撃を全部受けている。拳そのものを受けたらお互いに痛みます。体捌で躱してあくまで手は保険です。足は動いても体は動いていないので攻撃を受けてしまう。拳や蹴りは大きく躱す必要はありません。躱すポイントは急所の位置だけです。自分は今何を躱して、何を受けているのか?自分は今どこを突いているのか?自分は相手のどこを蹴ろうとしているのか?自分のしていることは何なのか?何で決まるのかを理解出来ていれば明確に動き、余計な間違いが減るのではないかと思います。課題がまだまだ曖昧になっているので大会で良い演武が出来るように一回、一回の稽古を大事にして大会に望んでいきたいと思います。

(近藤健太郎)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中