平成27年6月4日木曜日の修法記

今日は大会に向けての最後の修練日でした。
道院長指導には以下のことを指導して頂きました。

団体演武の構成にある法形を指導して頂きました。

木葉返
相手の手を握るのでも軽く触れること、相手の手だけを極めるのではなく、肘、膝を崩すことを意識する。肘、膝が崩れることによって下に体勢が下がったのを立て直す力を使って相手を上に上げる。上に上がるから下に落ちる。その動きが必要になります。

中段返
団体演武でやる場合はより間合に注意をおく。同じような形の場合、払受蹴でもいいような間合では困る。しっかりと中段を誘うような立ち方、間合の取り方、誘い方が必要になる。わざわざ大きく動くのは段位が上になったらやめる。

小手巻返
逆下段構の時の右手に力が入り過ぎて肘が曲がっている。肘はこの時には曲げるよりも少し伸ばすようにする。肘を曲げていると固まっているので取られてから動くことになる。取られてから動くのではなく、相手が取ろうとして追って来る。その取った瞬間には崩れているような状態でないといけない。相手の正中線を崩す。寸脈を攻める形もあるが、今日行うのはあくまで寸脈に触れておく形になります。軽く触れている。固めて倒すのではないから体捌で崩すことが出来る。そうなると左手は添えるだけですむようになります。

開身突より引天秤
順突を突いた足がしっかりと相手の正中線を捉えているようにする。捉えているから直ぐに天秤に移ることが出来る。乱構から後ろ体重、前体重になる。前体重のまま固めることが出来るような間合を意識する。

紅卍拳
内受から中段逆突、逆蹴は大きくする。内受はしっかり振身をする。逆蹴はなるべく高く蹴ることの出来るようにする。

また演武について話をして下さいました。
演武を行う時にも三徳を意識することです。三徳とは健康増進、精神修養、護身練胆です。演武の中に三徳があるということは、健康増進は動きに無理、無駄がないということです。同じ演武が何回でも出来るような状態でないといけない。今は一回やって話を色々していますが、休む間もなく続ける。何度でも続けて出来るような身体作りも必要です。どんな状況でも出来る状態にしておく必要があります。
精神修養は身行一致ですから自分のするべきことが分かり、自分の位置を知ることが出来ます。
護身練胆は武的要素がないといけません。武的とは相手の嫌なところに攻めていくものです。それに対していかに対処することができるか。殺しにくる相手にどう対処するのか?演武を見ていると次ぎに来るものが分かるから突いても、蹴っても届かないような間合でやっている。そうではなくて、同じ蹴りでもぎりぎりまで躱す。演武をしているのか乱取りをしているのか分からないようなものが良い。そういうものが無かったら健康増進にも精神修養にも護身練胆にもならない。ただ身体を動かすだけなら走っていたら良い。あくまで三徳を得ることを意識しないといけない。

道院長より演武が武的かどうかという話をして頂いた後に組演武を行ったのですが、その時の動きが個人的には少しよくなったような気がしました。自分の中ではどうしても法形を組み合わせたものをただやっている。また相手の勢いに押されてその形を取っているだけの所がありました。そうではなく、自分が主になって動く、相手に攻撃をさせているようにする。こちらもしっかり相手を倒すつもりで突く、蹴る。そういう動きがあると自然と相手も動きやすくなるし、危ないからしっかり相手を見ようというような意識になりました。そう思うと同じ動きをしているようでも余計なことを考えることが少なくなるからか呼吸も少し上がらずに済んだような気がしました。
今回教えて頂いたことは日頃の修練でも意識していかないと大会だからといって頑張ったのでは中々出来ないことだと思います。日頃どれだけしているかがしっかりと出せるように今回だけでなく日頃の修練でも取り組んでいきたいと思います。

(近藤健太郎 記)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中