平成27年6月25日木曜日の修法記


合掌

この日の修練では、見習い拳士と有段拳士に分かれて修練を行いました。

有段拳士では、まず復習として下受蹴・十字受蹴を行いました。
下受蹴では、転身をして逃げてから蹴るのではなく、足を動かさずに体捌きで突きをかわすよう副道院長に指導していただきました。
また、十字受蹴では、受け手として打落受と払受を同時に使い、そのどちらか単独だけでも相手の蹴りの軌道を変えられるようにと指導していただきました。

有段科目の復習では、片手投を行いました。
相手の寸脈をしっかり押さえて極め、寸脈を極めることによって相手の体勢を崩せるようにと指導していただきました。また、その時は足を鉤足にし、逆突を突くような身体の動きでも同じように相手の体勢を崩すようにとのことでした。

四段科目の復習としては、閂送・閂捕を行いました。
相手に閂を極めるのが難しく、相手の手首の状態によっては全く効かないこともあります。
副道院長には、閂を極めることによって手首や肩を極め、首から地面に落ちるようにしてかけるようにと指導していただきました。
閂送や片手投は数少ない仕掛け技の一つですが、まずはこちらから相手の体勢を崩してから技を掛けなければいけません。
実際にはこちらが作為的に触れていけばすぐに感づかれ、身を固くして防御されるか、すぐに反撃されてしまいます。
いかに瞬時に相手が崩れるポイントを押さえ(重心の位置や、急所、速度、虚実など)、適切に動けるかどうかがテーマになるのかなと思いました。
結手

(嶋立歩美 記)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中