平成27年7月6日月曜日の修法記

皆様こんにちは!
7月に入り、3つの台風が太平洋上を賑わせていますね。台風一過と言いますが、ここまで来ると台風一家という感じです。(笑)

私は今日も見習いの稽古をつけておりました。
隣では横田道院長の指導の元、弍段以上が稽古をしておりました。
本日は下受蹴。
対構で、守者が八相構で攻者が中段逆突をするのに合わせて下受して、逆蹴を行います。
皆さんが、淡々と下受蹴を修練していると、横田道院長から「攻者の一字構えは何のためにしているのか?またその中段逆蹴で本当に相手を倒せているのか?少林寺拳法の技術はもちろん宗門の行として行う必要がある。そしてその磨いた技術は、自分自身や自分の大切な人を守る為には仕方なく用いなければならない事もあるだろう。しかし、今している修練は本当に技術を磨く方向に向いているのだろうか。何かの有事の際に今のような修練で培った技術は役に立つだろうか?弍段以上の拳士が自分自身で技術の検証をせずにもくもくと修練を続けているが、その時間は有効に活用出来ているのか。よくよく検証しながら技術の研鑽をし、修練時間を有効的に活用しないといけない」という内容の事をご指導されていました。
見習いの稽古を指導しながら聞いておりましたので、おそらくこのような事ではないかと想像して書いております。間違っておれば注意して下さい。
その後、見習い拳士が過呼吸になりまして、見習い拳士は修練を中断。
その後は見習い拳士のケアをしており、修練を拝見することはできませんでした。
過呼吸は、心身のストレス過多による横隔膜の緊張が強い人がなります。横隔膜が緊張していると呼吸が浅くなり、呼吸が深くなりません。吐けないから、吸えない。という悪循環に陥ります。
普段からしっかり気合を出し、また調息法を行い、深い呼吸ができる身体作りを行うことが大切ですね。

その後見習い拳士は回復して、無事家に帰りました。

今回は以上です。
有難うございました。

(福原秀俊 記)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中