平成27年7月9日木曜日の修法記

本日の修練では、基本、胴突蹴、法形の復習を行いました。

基本では、「半転換」「全転換」「結手構えから開き下がっての構え」のときの「下受」について指導して頂きました。「下受」の時は、下半身は金的を護るために寄せ足をすること、上肢は肘を帯の高さまでおろし、自分の胸前から肘をおろして自分の急所を護ること、に注意するよう指導して頂きました。

胴突蹴では、「逆突」を相手の背中を突き抜けて後ろの壁を突くようなイメージをもって突くよう指導して頂きました。

復習では、「開身突」「外受突」「逆天秤」「逆片手投」を行いました。

また、新科目では「送片手投」を行いました。

「開身突」の復習では、順突の腰の動きを使って相手の逆突をよけることを指導して頂きました。また、その動きは「外受突」の時の腰の動きとも同じなので、両方の繋がりを確認しながら技を行うよう指導して頂きました。

私がこの二つの技の復習で難しいと感じたのは、両方の技に言えることですが、受け手を必要以上にぶつけにいってしまったり、手だけの力にたよって受けようとしてしまうところです。

ぶつけにいけば押しかえされますし、手だけの力では相手に影響を与えることができません。

いずれも、下半身と上半身の連動がなく、バラバラになった状態で身体を動かしていることで、技が成り立たないのだと感じました。

下半身は順突の動き、上半身は順突の動きに受けをつけるだけなのに、上下の動きを別々に行っているので、力が分散されて自分の中で消えてしまい、相手に伝わるところまで及ばないと感じました。

後に行った「逆天秤」「逆片手投」は、最初の鉤足をするときの自分の身体の動きを、どう相手に伝えるかが大事だと指導して頂きました。

最後に、新科目の「送片手投」は、捕まれた相手の手首をとりにいくときに、相手を押すことなく相手の下にもぐり込むようにして低く入るよう指導して頂きました。

今日の修練でとくに感じたのは、いづれの技においても自分の上半身と下半身の連動が別々に動き、上手く連動していないという点です。

形や動きだけでなく
自分のなかに流れる力の連動を感じながら、少しずつでもいいから連動させるよう意識して動いていけば、また技も変化するのではと思っています。

そのような点に注意し、今後の修練に生かしたいと思います。

(村井仁美 記)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中