平成27年8月31日月曜日の修法記

門下生が基本稽古を行い、その後各級位・段位にわかれて法形修練を行いました。

級拳士は福原助教の指導の元、移動稽古を行い、昇級試験の修練も併せて行っていました。

有段者は横田道院長のご指導の元、法形修練を行いました。

座位、対構、開構のそれぞれの状態から相手の力を無力化する方法をご指導頂きました。
座位の状態で守者は片手を掴まれ攻者に力を入れて頑張ってもらいます。
守者は鈎手守法を行い相手の力を押し返そうとします。守者は掴まれた手を鈎手守法に行いながら、反対側の手掌を相手の手掌と合わせます。
その状態で攻者を倒します。片手を掴まれた状態のまま攻者を倒そうとすると力が入ってしまい、守者の姿勢が崩れてしまいます。
ご指導頂いたように片手を掴まれた状態であってももう片方の手掌を相手と合わせる事で楽に相手に影響がおよび倒れてしまいました。

座位で巻抜の状態を作ります。右手手首を掴まれた場合は左手を相手の左肩に手を触れておきます。目線を相手に左手で触れている左肩から自分の右手手首。また右手手首から左肩まで目線を戻す事で相手に影響がおよび倒れてくれました。

次は目線を流したように相手の左肩から自分の右手手首、自分の右手手首から相手の左肩までを自分の左手手掌で触れていきます。そうすることでまた相手を倒す事ができました。

さらには目線や手掌で目線を触る動きを省略して行いました。省略することでも同じように攻者に影響を与え倒す事ができました。

片手だけではなく必ず反対側の手を相手に触れるということ。合掌を礼拝だけではなく、攻者の仏性を礼拝し自分の仏性も礼拝することで倒れるという体験をさせて頂きました。
金剛禅の教えを法形を通してご指導頂いた貴重な一日でした。

(嶋立幸司 記)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中