平成27年9月24日木曜日の修法記

本日の修練は鎮魂行と基本稽古、胴突き胴蹴りを行った後、復習科目を行いました。

・十字蹴
 この法形は相手の蹴りが来てから蹴り返すのではなく、同時に蹴りを行う事を意識して行う事を副道院長に御指導して頂きました。

・短刀振上げ流水蹴
 この法形では相手の腰がかえってしまうと短刀の勢いを止められないので、相手が切りかかろうとする瞬間に蹴りを行う事を副道院長に御指導して頂きました。

・両手上膊抜
 この法形では攻者側はしっかりと相手の経絡を攻め、守者側は鈎手守法と体裁きを使い抜きを行う事を御指導して頂きました。

・袖口捕
 この法形では、片手切小手の自分の背骨を相手の背骨に重ねるように掛ける様に捕を取る事を御指導して頂きました。

・閂捕
 この法形は、相手の手から力を相手の頭を落とす練習として修練しました。

・考察
 今回の修練で私は基本稽古の主座を担当させて頂きました。初めに鎮魂行を行ってから行う基本稽古と鎮魂行を行わない基本稽古では、全く雰囲気が異なる事に気付きました。鎮魂行後のその場の雰囲気は、普段と違う静かで澄んでいるような印象を受けました。普段何気なく行っている鎮魂行にこういった変化を感じたのは初めてだったので、とても驚きました。また、法形修練では相手に力ずくで対応すると、例えば両手上膊抜では相手の手がしっかりとこちらの経絡にはまってしまい、なおさら抜きづらくなったりしました。私は筋力に頼ってしまいがちな所があるので、より理にかなった動きをより求めていかなくては理を体現していく事には不可欠だと感じました。また、自分より体格や力のある相手の場合でも、力で対抗する事なく理を使用して対応していく事を意識していかなくてはならないと感じた修練でした。

(山崎颯太 記)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中