平成27年10月15日木曜日の修法記

本日の修練では、基本、、天地拳第一系の相対と龍王拳第一系の相対の復習、三段の法形の復習を行いました。

天地拳第一系の相対では、攻者は後ろ足を残さず相手にしっかり入って突くことを指導して頂きました。また、守者は受けるときに後ろに下がらずに体捌きで攻者の突きをよけるようなイメージで動くことを指導して頂きました。天地拳第一系の相対では、間合いが遠くなりすぎることが多いので、上記のことに気をつけると正しい間合いがとれるとのことです。

次に、龍王拳第一系の連反攻の別法の修練を行いました。別法では、攻者は守者の裏拳を内受で受けたあと、その受けた手で守者の突きを払受しながら右に転身し、その後、素早く開き下がって打上受で守者の突きを受け廻蹴りで反撃します。

次に、法形の復習を行いました。復習では、まず「居捕送小手」を行いました。居捕の技は、守者は攻者よりも低い位置にあるので、本来は立って行うよりも技がかかりやすいそうです。攻者が右手首を握ってくるので、握られた方の手で鈎手を行い、右膝を前に立てて手刀で反撃し、そのまま、攻者の手首を90度以上まげ、その後、攻者の肩を前に送りながら崩します。この時、崩す方向は攻者の頭方にすることが大事であると指導して頂きました。また、攻者が膝をついたら素早く天秤をとり、崩して裏固めを行います。天秤をとる時は、天秤をとる手と反対の腰から天秤をとる手の方の肩に向かって引いたラインの延長線上に向けて、自分の腰を攻者の肘に近づけながら天秤をとることを指導して頂きました。

次に「居捕逆小手」を行いました。「居捕逆小手」を行うときは、押したり引いたりせず、真下に向かって逆小手をかけ、押指固めを行います。押指固めを行う時は、攻者の脇が90度以上あくようにし、肘を守者の大腿部に沿わせるようにして手首を持ちます。そうすると、一番短い人差し指の腱が出てくるのでその腱を伸ばすようにして人差し指をきめます。その後、左肘で攻者のケンリョウを攻め、右手で攻者の大拳頭を攻めます。この時、蹴りを警戒して顔を攻者の脇にしずめて決めます。これらのことを指導して頂きました。

最近では復習を中心にした修練を行っていますが、慣れた技が多いので焦らずに技を行うことができます。やはり、同じ技を行うにしても、焦って行っているときは焦ることにエネルギーを使って、技を行うためにエネルギーを使えていないなと感じました。修練を行う時は、自分が何にエネルギーを使いながら行っているのか、しっかり感じながら行えたらと思います。そして今のうちにしっかり復習をし、習った技がスムーズに行えるようにしていけたらと思います。

結手

(村井仁美 記)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中