平成27年11月2日月曜日の修法記

本日は各クラスに分かれて修練を行いました。
BBCの方では巡氣、推手を行い、相対で身体全体を使った動きをしていました。拳士は基本修練を行い、復習科目を重点的に法形演練いたしました。

 巻抜
攻者の握り方によって抜き方が違う方法を教えていただきました。外手首を握られた場合は手刀切を行い相手の背中側に入ります。攻者の手首を守者の親指側から抜き裏拳突をして中段突を行う外巻抜。内手首を握られた場合には手刀切を行い相手の背中側に入ります。内側を握られているので相手の手首が握られているので、守者は小指側から抜き裏拳打をして中段突を行う内巻抜を教わりました。

その後横田道院長より無駄な力が入りすぎているとのご指導を頂きました。攻者から手首を握られる前から緊張しており、握られた時に下半身が下がりその場から動けなくなっているとも指摘していただきました。
攻者との距離を保ちながらも守者が自由に動ける間合いを知っておくということ。
攻者が新たに動いても対処できる間合いに入ることで余計な力が抜けるともご指導いただきました。
法形の巻抜を行う際には巻抜だけを行うと余計な緊張をしてしまうので、龍王拳である巻抜は龍華拳の送小手につながっている。そのため送小手を行う際も巻抜を行うことが肝要であること。巻抜と送小手を分けて行わないようにと意識の指導もしていただきました。

正座からの相対では相手の右手を胸前にかかげてもらい逆合掌の状態に手を組み相手に倒してもらい転がることを行いました。
倒されるのに慣れてくると、今度は一度倒してもらってから転がりその力を相手に返すということを行いました。転がっている時に相手を倒そうとするのではなく、一度しっかりと倒れること。そしてその倒れた力を相手に返すことを行うことを指導していただきました。

立位からの相対では相手の右手の手首を握り引くことから、自分がしゃがむことで下に力を流すようにすることをご指導していただきました。慣れてくると実際にはしゃがむことなくしゃがんだ時と同じ状況をつくるようにとご指導いただきました。
また、開構より攻者の上段逆突に対し、守者が内受、中段逆突、中段廻蹴を行いました。攻者の上段逆突を守者が内受を行いながら受け入れそれが中段逆突、中段廻蹴に連動していく様にすることをご指導いただきました。

法形を行う際に個々が思っている技を行うのではなく、実際に力の方向性を感じること。それが自分の皮膚であり指紋の方向であったりと、体感覚に従うことで動けないと思っていたことに空間を感じ動けるようになる。勝手に思い込んでいると実際には動ける場所があるのに動けないと勘違いしていると指摘いただきました。法形が教えに繋がり、ダーマの分霊たる身体のことまで深く指導していただきました。いつもありがとうございます。

(嶋立幸司 記)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中