平成27年11月12日木曜日の修法記

本日の修練では、基本、、胴突き胴蹴り、復習を行いました。

胴突きでは、突ききる時に相手ではなく相手の後ろにある壁をめがけて突き、また、突いた後に自分が前のめりになりすぎないように気をつけるよう指導して頂きました。さらに、身体を固めて突くと固める方にエネルギーを費やしてしまうので、できるだけ身体の力を抜き、自分のエネルギーをすべて相手に与えるようなイメージで突くようにとのことです。

胴蹴りでは、自分の膝を胸に近づけるようにしてから蹴り、しっかり引き足をするように指導して頂きました。

また、突き蹴りを受けるほうも、身体の力を抜いて突き蹴りを吸収するようにして受けるようにとのことでした。そうでないと、結局は身体を壊す方向へいってしまい、護身の観点から離れてしまうそうです。

法形の復習では、まず最初に「中段返」を行いました。この技は、守者は待気構で構え、横三枚を少し開けて攻者に狙わせます。攻者が廻蹴りをしてきたところを前流水蹴を行う時のようにして受け、逆蹴りを行います。このとき、守者は急所がずれるようにやや前にでて鈎足をし、鈎足と同時に出した右拳の下受けで相手の廻蹴りを受けそのまま逆蹴りを行います。すると、相手に入りつつ攻撃をかわし、反撃できます。

次に、「払受地二」を行いました。この技では、守者は相手の廻蹴りを払受けで受け、その後、反り身をしながら内受けをして相手の攻撃を受け、すぐに中段逆突で反撃します。この時、反り身をしながらしっかり攻者の突きを吸収しそのままその力を反撃の突きで返すのが大事だと指導して頂きました。

また、最後に「払受地二」の理を使い、「伏虎地二」を指導して頂きました。この技は、守者は正座した状態で待ち、攻者は廻し蹴りを攻撃します。守者は攻者の攻撃を受け、すぐに攻者の行う中段突きに対し「払受地二」で行ったように反り身をしながら内受けをし、中段突きをきめます。この時も、先程と同様、相手の攻撃を吸収してそのまま返すようなイメージで行うのが大切だと指導して頂きました。

本日の修練では、私は、相手の攻撃を吸収すること、力を抜くことを主題にご指導頂きました。吸収して出す、や、吸収しきる、という感覚、また、伝えるためには力を抜かなくてはならないという感覚など、日常ではあまり意識しませんが、道院の修練ではしっかり感じることができます。

今後も、その時々のテーマに沿って、自分の感覚を鍛えつつ鍛練して行けたらと思います。

(村井仁美 記)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中