平成27年12月17日木曜日の修法記

はじめまして、西村と申します。
少林寺拳法に関しては、学び始めて1年未満の初心者です。
修法記の内容は、先生方や有段者の拳士、先輩たちも読まれると思いますが、私と同じ初心者目線に
立って書きたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします。
本日の修練は、鎮魂行、基本稽古、胴突き胴蹴り、復習、学科、復習を行いました。
(1)基本稽古—(開足立から)振子突、蹴上、上受、内受、下受、打払受、上中二連突。
(2)基本稽古—(左前から)順突逆突から順退って下受して復位、左一字構から鈎足の廻蹴、差込足刀蹴、さらに
天地拳第一系(左・右)、龍王拳第一系(右前)、義和拳第一系の単演。
(3)基本稽古—副道院長自ら前に立って、振子突など。
正中線を躱(かわ)すことと、引く時の腕を意識すると逆の手がすんなり出やすい事を指導されました。
(4)防具を着用し、胴突・胴蹴を段級拳士ともに二人一組で実施。
開足立から振子突—副道院長から相手の背中まで突くように指導をされました。
(左右前から順次)順突、逆突—体制が前かがみになりやすい事を指導されました。
特に私と組んだ有段者は体格が良いので、突いてもビクともせず、私の拳が痛かったのですが、
副道院長は、私が人さし指と中指に力が入り上から下方向に逆突しているのを見て、薬指と小指の方から
やや下から上へ突くように、肘の角度をつけたまま そのまま真っ直ぐ突くよう親切に御指導していただきました。
教えていただいた通りに突くと、拳が痛くなくなりました。ありがとうございました。
下受蹴り、下受順蹴り(三合拳)(胴つきのまま)—私にとっては初めての胴つきの法形ですが、実際に強く蹴ろうと
しても、届きません。恐怖心から必要以上に逃げていて、正しい法形ができてないことを改めて知りました。
副道院長と有段者の組手では、力みもなく流れるように、それでもしっかり的に素早く蹴りが入っていました。
下受蹴りの時に、副道院長から中段逆蹴のあと、蹴り足を引き、下受け順退りで
相手と距離をとるよう指導がありました。
(5)復習(全体)—その後防具を外して、逆小手~前指固(龍華拳)の復習
今日の私の相手の有段者の挙士は、手が大きくて太く、思うように技がかけられないので
つい力任せで引っ張ろうとしたりしましたので、ますます技がかかりません。
有段者の方から「しっかり鈎手を作る」「力任せにしない」「キメる時、人さし指を押さえる前に
大拳頭を押さえてから、人さし指を手の平側に押さえ固める」など教えていただきました。
(6)復習(段級拳士に分かれて)—逆小手~前指固(龍華拳)の復習
相手の拳士は茶帯で、私より上級の拳士です。
先ほどより技をかけやすくしてもらっているように思えました。
しかし自分でも気づいてないところが、たくさんありました。例えば、鈎手のときも位置が動いていたり、
鈎手から小手抜きに上手く進めなかったり、掴(つか)んでから相手の肘を外へ出して体勢を崩してなかったり
(崩す前に二足転位をしていた)、倒してから右肘をしっかり固めて伸ばしていなかったり、
手首をしっかり捻(ひね)っていなかったり、大拳頭を押さえて固めるのが甘かったり等々
上級拳士から助言を頂き、たくさん欠点が分かりました。ありがとうございました。
(7)学科—副道院長からお話をいただきました。
「何のために少林寺拳法をするのか?」
「脳を変える」「リーダーをつくる」「金剛丸」という言葉を使って説明していただきました。
(8)復習(段級拳士に分かれて)—巻抜(片手)(龍王拳)をする。
私は新科目の外受突(仁王拳)に進まず、5級科目の巻抜(片手)を先ほどの茶帯の拳士と組手を
行いました。
以上が本日の修練の内容ですが、毎回 多くの御指導を頂きありがとうございます。しかし10個の内容があっても
自分の中で 覚えて消化できているのが、わずかであり 本日の内容もかなり漏れている思います。
どうか御了承ください。
【考察】
(1)基本稽古—順突と振子突、上中二連突の練習について
少林寺拳法では、順突と振子突の2種類が基本ですが、私は上手く「正中線を躱(かわ)して
正しく突く」ということが苦手です。
自宅でスタンドミラーを前にして、【順突と振子突】の練習をしますが、
特に【上中二連突】の練習する方法として、
ポールハンガーを使って、高さ139cmと高さ101cmのところ 2ヵ所に糸で5円玉を吊るして
(139-101=38cmの開きは、拳4個分の差です)
その5円玉の穴を目掛けて上中二連突の練習をしています。
私は身長が174cmなので、目線は162cmとなり、前に一歩入って突く順突の姿勢では
自分と同じ高さの相手の人中、三角は139cmになります。
身長が184cmの場合、目線は171cmとなり、身長が164cmの場合は、目線が152cmになります。
また、開足中段構の両足の幅を測ると43cmで、私の肩幅が42cmで服を着て43cmとなり、
肩幅と、両足の幅が一致するようになりました。
同じ姿勢で、同じ所を突く練習をすると、身体が少しずつ慣れてくるのだと思いました。
(2)基本稽古—(左前から)順突逆突から順退って下受して復位について
私は直ぐにバランスが悪くなり、上手くできませんが、自宅で練習するときは、実際の移動距離を測ります。
そして、今は一番安定する距離を身体に覚え込ませています。
左前から順突で左足が前に出た移動距離は39cm、右前からだと右足の出た移動距離は43cm
順退りで下受をして元に戻る時の、後ろに移動した距離は最初の位置から左足は22cm、右足は26cmです。
これは利き足の強さによるものなのか分かりませんが、左右が同じでない事と、移動距離が短いという
ことが今後の課題です。
その場から居なくなる距離を伸ばしつつ、直ぐに体勢を崩さずに元の位置に戻る練習を繰り返したいと思います。
(7)学科—副道院長から「リーダーをつくる」「金剛丸」の お話をいただいたとき、
私は「やってみせ、言って聞かせて、させてみて、褒めてやらねば、人は動かじ」(山本五十六)
という言葉を思い出しました。
少林寺拳法では修練を通じてリーダーになる人を育てていると感じました。
副道院長をはじめ高段者の拳士を見ているとそう感じます。
「金剛丸」のお話のときは、
私は、もう一つあることを考えていました。それは、自分の人生の時間をどう生きるか?
私は「自分の年齢を3で割ります。その数字が人生の時間」例えば27歳ならば、(27÷3=9)
朝9時。まだ1日のはじまり、つまり人生のはじまりです。これから何だって「できる」。
しかし私は数え年で60歳なので(60÷3=20)、夜8時。健康寿命を考えると残り2~3時間位しかありません。
「生きるために働く必要がなくなった時、人は人生の目的を真剣に考えなければならなくなる」(ケインズ)
という言葉を思い出しました。
私はこれからも自分と正直に向き合って(Where there is a will, there is a way「意志のあるところに、道は開ける」)
という生き方でいこうと思います。

(西村光弘 記)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中