平成28年1月7日木曜日の修法記

本日の修練は基本稽古、胴突胴蹴を行った後復習科目を行いました。

・胴突胴蹴
胴を突いたり蹴ったりする際に基本稽古で行っている形を忘れて力を入れてしまいがちなので、この修練では形に添った突きや蹴りを行い、相手を痛める事ではなく力を通す事を目的とした修練でした。
・内受突
この法形では、内受の際に前に出ている足を外に出してしまいがちなので体捌きで攻撃を避け足は板間の1枚分程動く程度に抑え、天宗をしっかりと打つ事を副道院長にご指導して頂きました。
・下受蹴
この法形でも、同じく足の動きが外側に出すぎないように意識する事、また肘から手を出して、相手の突きの軌道をしっかりと変える事をご指導して頂きました。
・切返小手
この技では、相手の固めるさいに腹部を足で押さえますが、この際に真上から押していても相手にあまり影響を与えることができません。なので足で押さえる際には少し踏みつつずらすという事をご指導して頂きました。

・考察
本日の修練では、自分の意識が法形修練中に散漫としている事に気が付きました。法形を行っている際に、副道院長にポイント、意識する場所などのご指導をして頂きます。そのポイントをご指導頂いてから意識しようとするのですが、そのポイント以外の所を考えてしまっていました。そうしていると、やる事が何個もありあれもこれもとしていると足が止まってしまったり、意識するポイントをしっかりと意識できていなかったりしていました。そうした中で、意識するところは一つの方が良いのだと思いました。ご指導して頂いた所をしっかりと意識して技に取り組む事で、次の課題へ進んでいく事が大切なのだと感じました。これは、日常生活の中でも共通して言える事だと思います。何個もの事を一緒にしようとするとかえって全て上手くいかなくなってしまい、中途半端になってしまいます。そうではなく、今自分が本当にするべき事を考え、その事を第一に優先し行動していく事で、本当に大切なものを得られるのではないかと思います。
こういった日常生活へのヒントを修練の場で気づかせて頂ける事は有り難い事だと感じます。新年から初心を忘れずに道院長、先輩拳士、仲間と共に楽しむ事を大切に取り組んでいこうと思いました。

(山崎颯太 記)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中