平成28年2月4日木曜日の修法記

 本日の修練は鎮魂行、基本稽古、胴突胴蹴を行った後に復習科目を行いました。

復習科目は「上受突(表)」、「外受突(裏)」、「逆後手より前指固」、「片手送小手」を行いました。

剛法は胴を着用したまま全体で行いました。その後は胴を外し有段者と級拳士に分かれました。

「上受突(表)」

 先ず法形修練に入る前に2人組で向かい合って手刀打の練習をしました。相手のシン会穴を自分の豆状骨で打つようにします。肘を張って頭の後ろに振り上げ、腕の力では無く腰を落として体重をのせるように振りぬきます。

 その後の法形修練では、下記を指導して頂きました。

上受で差替足をする際に相手の両の足幅よりも外に自分の足が出ないこと。

上受をする際に自分の印堂穴で受けるイメージをすること。

相手が両手を合わせて合掌させて手刀打を振ってくる形を作ってみると、両手の掌は重なっていますが両の前腕には隙間があります。この隙間に上受をして腰を返して相手の攻撃を流します。何も無い空間を抑えておくそうです。

相手の手刀打を払いのけるのではなく、吸収するように上受を行うこと。

突きのタイミングは、相手が踏み込んできた前の足が地面について踏ん張るその前に中段突を当て崩します。

「逆後手より前指固」

前指固の際に相手の足側からの固めを行ってしまい相手は床を蹴れば固めを抜けることが出来たので、相手と接触する自分の差込む足の方も特に注意して前指固を行うように御指導して頂きました。

「片手送小手」

自身の注意点として、目打後の掛け手を手の平までしっかりつけること、送小手をする際に巻抜をしっかりしてから行うことを御指導して頂きました。

〈考察〉

 本日の修練では、他に逆後手より前指固の際にもっと力を抜くように御指導して頂きました。いつも体の力みを気にしながら行っているのですが、この時も注意をうけ肩、膝、腰などへの力みをとるように意識して行いました。力みがあるとその力み自体にエネルギーを使ってしまって相手に力を伝えることが不十分になるでしょうし、相手を感じることも難しくなると思います。

普段から私はよく自身の力みを感じます。もともと体が固いということもあります。ではこの力みはどこから来るのかと考えてみると、私にとっては 力み=緊張 であり、そして不安からくるように感じます。不安というのは「技が出来ているかな?」というその場の不安もありますし、恐らく日常生活における不安もあるために道場でもそれを体で表現してしまうように思います。前者に対しては理解や回数を重ねることが必要だと思います。後者に関しては根本的な意識の改革が必要だと感じます。「一切の既往を清算し、初生の赤子として」というのが理想になるでしょうか。

普段の日常の状態が変われば技が変わるとすれば、逆に技を見ることで自分自身を見つめることが出来ます。少林寺拳法と向き合うことで自己を見つめ、確立してゆきたいと思いました。

以上です、有り難うございました。

(柴田千博 記)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中