平成28年3月31日木曜日の修法記

本日の修練は、基本稽古を行った後、胴突胴蹴を行った後、復習科目と新科目を行いました。

・胴突胴蹴
この修練では、力一杯相手を殴る蹴るという目的ではなく、重力の力を前に伝えるという目的でした。なので、体制も真っ直ぐ立つのではなく少し前傾姿勢になり、突きや蹴りは体当たりのイメージで相手に力を伝えるという事を副道院長にご指導していただきました。

・十字受蹴
この法形では、まずは功者は相手の急所を的確に狙う事をし、それを守者がしっかりと守れていると確認した後、相手の受けで空いている場所を蹴り、守者がそれに対応できるようにする事を副道院長にご指導していただきました。
・片手切小手
この法形では、右手と左手の動きに違いがある事を再確認しました。右手は相手の手に巻きついていくように自分の左手の親指を切るようにし、左手は上に上げる力の方向にする事を副道院長にご指導していただきました。
・新科目、諸手片手投
この法形は、二種類の諸手片手投を教えていただきました。一つは、一本背投を仕掛けてきた場合ともう一つは逆天秤を仕掛けてきた場合の二種類です。相手の軸足を見定めて技を掛ける事を副道院長にご指導していただきました。

・考察
基本稽古の際に主座の拳士の方に意見を仰られた方がいました。私はそれはとても大切な事だと思いました。普段は主座の拳士に意見をするという事はないのですが、稽古内容が抜けているという事に意見をされていました。このように違うと感じた事にぱっと意見を言えるという事は感受性が高いという事だと思います。それに主座の方に意見をするという事は勇気も必要です。私はこのように疑問に感じた事などをすぐに発言をするという事がとても大切な事だと思います。間違いや疑問を指摘せずにそのままにしてしまうと、間違った形を覚えてしまったり、疑問が解消されずにずっと残ったままになります。こういった事で道院は皆さんが感受性を高め、より質の高い修練を自主的に行う事が出来るのだと私は思います。多くの人がいる場で意見をする事は難しい事です。こういった事が普段の生活に活かされる事が少林寺拳法で学んだものを社会に還元していくという事だと思いました。

(山崎 颯太 記)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中