平成28年9月8日木曜日の修法記

本日の修練は、鎮魂行、基本稽古を行ってから復習科目、新科目の修練を行いました。

・片手十字抜
この法形は腕を掴まれ鈎手守法をする際に下半身の力を抜き、下に重心を落とすことで相手を崩すことを副道院長にご指導していただきました。

・片手十字小手~十字固
この法形では、守者が十字固をしている際に攻者が抵抗をしてくるという想定をしました。十字固の際に攻者の背骨に寄りかかるようにすること、攻者の手首、肘、肩が90度になっていることを副道院長にご指導していただきました。

・送指返(木葉守法の修練)
木葉守法は、相手が木葉送を仕掛けてきた際の守法です。後ろに引いてしまわないように、むしろ相手に寄っていくことをポイントとしてご指導していただきました。また、送指返を掛ける際は、大骨空を擦るように攻めることを副道院長にご指導していただきました。

・考察
修練では、普段自分では気付かない癖や、思考のパターンなど色々な自分の無意識のものが法形修練を行っていると出てきます。私の場合、法形で相手に技が掛からない際や、行き詰まってしまうと強引に力で押し通してしまったり、私が守者の際は無意識で身体が相手から逃げてしまっていることです。こういった動きに出る癖は日常生活での行動や考え方が繋がっているのだと思います。そういったものを形に自分を入れていくことが修練の目的なのだと思います。なので、行き詰まった際や、怖いと感じた際の自分が行っていることを主観ではなく、離れて観ることで、普段では感じることができない自分を発見することができます。修練は自分を第三者の目線から観ることができる時間なのだと感じました。

(山崎 颯太 記)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中