平成28年11月28日月曜日の修法記

本日は、基本修練と三段科目の試験準備を行いました。

先輩拳士には以下の様にご指導頂きました。

・屈身蹴〜転回連蹴
守者は振突をかわして蹴りをした後、打上げながら蹴りを行いますが、この時の距離を意識して下さい。回ってからそのままの重心で蹴るのでなく、後ろ重心になることで相手との距離が取れ、下からの打上げが有効になります。攻者は相手との間合いを見て蹴りの間合いになるような位置や体捌きをするようにして下さい。

・三日月返〜刈足
攻撃してくる相手の拳が下に落ちていないと三日月を突くことは出来ません。また、その拳を力で下に落とそうとするのではなく、腰の動きが手に伝わる延長で受けをするように意識して下さい。すると、相手の肩が相手の内側に入り、体勢が崩れます。一瞬相手の顔が反対を向き顎が出るので、そこで初めて三日月を打つことが出来ます。

・諸手切返投
諸手で持たれ一本背投をしてくる相手に対し、しっかり三角守法をしながら右手は丁字で相手の尺骨側に当たるようにします。また、足捌きは相手が倒れやすいように自分が左右に体捌きをし、空間をあけるようにして下さい。

・両手片手投~閂固
送片手投と同じ動きです。両手を持たれたら左手は相手の手首に指をかけて反らし、右手は肘を相手の肘に付けにゆきますが、まずはその時に相手を爪先立ちにさせます。そこから、相手に入り投げますが、入る時の位置が大切で、遠すぎると相手は崩れにくくなってしまいます。相手に肩や肩甲骨、背中を沿わせるように入る。すると相手も崩れやすくなり、痛みもありません。

 片手投は私はなかなか極めることが出来にくいなと感じていた技の一つです。動きは単純に見えるのですが、投げようとすると相手はしっかり立ってしまって投げることが出来ない場面が多くありました。そして、入る位置が遠いと言われたり、力で投げようとすると崩れたくても崩れられないと言われることが多かったです。なるべく近場に入っているつもりでも相手からすると遠いのです。私はなるべく位置を相手の近くになるようにと、足の位置をかなり意識していました。
 ところが本日、先輩拳士に指導して頂いたのは肩、肩甲骨、背中を意識するということでした。背中は今まで意識してこなかった部分だったので驚きました。その背中の位置や感覚を相手と近付けることによって相手はすんなり崩れてくれて、痛みや投げられることの恐さがほとんどなかったようでした。
 片手投だけでなく技をかける時に、私は意識する場所が極端に狭まってしまっていたことに気付きました。一つを意識すると他は感じなくなってしまい、一部が全部になってしまうようそんな感覚です。特に自分の苦手な技になるとそれが如実に出てしまいます。余裕がなくなるのです。目付けの場合も同じことが言えます。それは、八方目ということなのだと思いますが、相手の一点だけを見ていると動き出しが遅くなったり全体が見られなくなって固着してしまうのです。すると、他の動きの選択肢が見つけられなかったり、柔軟性を失ったりします。
 日常でもそうですが、一つの物事からどれだけのことを感じ取れるかは自分の意識次第だということなのかなと思います。私の様に「恐いからそこばかり意識」したり、「これはこうだからこうに違いない」と思ってやっていると、もっと簡単なやり方や楽しい道があってもなかなかそちらに辿り着けないのです。選択肢は様々にあり、もっといろいろな見方が出来たなら、何か出来事が起こっても本当にそうなのかな?と常に疑問を持てたり心に余裕が出来て新しい道が開けるかも知れません。
 いよいよ、三段の試験準備を行うことになりました。今までは技を覚えることだけで必死でしたが、これからは柔らかな意識と広い視野を少しでも持てるように意識して修練に挑みたいと思います。

読んで頂きありがとうございました。

(井上 恵以子 記)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中