平成29年2月2日木曜日の修法記

 本日の修練は、私は途中から遅れて参加させて頂く形となりましたので、内容が途中からの文章となりますこと、誠に恐れ入りますが御了承願います。

 本日の修練では、肘抜より前天秤と逆小手より裏返投~裏固を指導して頂きました。
  肘抜きより前天秤では、私は特に両手による鈎手がどうしても引っ張りあう形になってしまっていました。ではなく、肘から寄せ自らが寄り相手を浮かすイメージでする事。
 肘抜きをした後は顔と肩を上げて相手の腕を抜けさせないように挟み、腕刀を使い下から上へ上げるようにして相手の肩を返すようにして倒す事と指導して頂きました。
 逆小手より裏返投~裏固では、逆小手で相手を倒した後、右手を相手の手首にすり替えながら相手の方向へ返し、その後に相手の頭が右に行くように腕を時計回りに回してうつ伏せに倒す。左足で相手の横三枚を押さえながら後三枚にかけてスネで相手を押さえ込み、大拳頭を攻めながら相手の肩を押さえ、後頸中に下段突をしてから相手を少し浮かせて前三枚を蹴るようにと指導して頂きました。
 この日は、逆小手より裏返投~裏固を初めて指導して頂きました。この技を初めて見た時は、その動きの凄さに驚いてしまい、そして技のプロセスの多さに不安を感じてしまいました。指導して頂くものの、最初は頭が付いていけずに形が中々理解が出来ていない状態でした。指導して下さっていた先輩拳士は、一つ一つの動きを細かく丁寧に教えて頂き、そのお陰で少しずつですがそれなりの形に動けるようになりました。しかしまだ理解が出来ておらず頭がフワフワとした状態でした。
 しかし修練が終わる最後の時に、私の中でいきなりふと、基本修練の時に有段者がされている龍の型の動きを思い出したのです。
「あ!あの動きとこの動きって似ている動きだな!」と自分の中で気付いたとたん、理解が出来たと言うよりは、真似をしたらこの動きができるかもしれないなというワクワク感に浸ってしまいました。
 そこで気付いたのは、「見る」事は大切だなと思いました。といいますのも、先輩拳士がされている上級の技の動きを理解が出来ずに見ていても「あういう動きをしているなという」見ては忘れている記憶がふと何処かで自分に繋がるのだなという経験を今回させて頂きました。こういう点で、普段見ているか見ていないかで自分に身に付く感覚に違いが出るなと思いました。そしてソレが繋がる時にはワクワクがあり楽しめている感覚があります。
 見るという事。その為にはやはり毎回の修練を休まずに継続して参加し続ける事が大切だと思いました。そして改めて、普段の生活では無い、こうして学ばせて頂ける場に参加させて頂けている感謝を心に持ち、
見る事を意識してこれからも修練に励んでいきたいです。

(西岡 大介 記)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中