平成29年2月16日木曜日の修法記

本日は基本稽古を行った後、参段の試験準備を行いました。

先輩拳士には以下のように指導して頂きました。

●諸手切返投
相手の手が切れていないと相手がしっかり立ってしまい技がかかりません。まずは三角守法をして相手の親指を切ってから相手の手に、自分の手をかけます。そして、相手の手首を掴まないようにすることも大切です。掛け手はあくまで手を掛けるだけで良いのです。投げる時に初めて少し持って投げる。相手の手を掴みにゆこうとすると、逆に相手の手が死なず、相手の方が強くなってしまいます。

●両手片手投
相手に掴まれたら、相手の手首に自分の二指と三指を掛けます。そこからの動きも手首をギュッと持ちにゆこうとしてはいけません。相手の懐に入り相手を崩す時に、手先だけでなく自分の中心から動きます。諸手送小手投の動きと同じで一瞬だけ相手と同じ方向を見るように腰を切ります。すると相手も崩れます。

●巻込小手
この技も三角守法をして、しっかり相手の手を切ってから掛けます。そこから相手の手を巻き込んで相手を崩します。また、体重の移動も体は後ろに動いているように見えますが体重をかけているのは前なのです。段が上がるにつれて、一つの動きの様に見えてもその中にいくつもの要素が入ってくるので、そこを意識できるようにして下さい。

 技がかかるのにはちゃんと法理法則があります。私は女性なので、力ではなかなか掛からないことが多いのですが、この法理法則に添った形を意識して掛けると力を使わずに痛くなく掛けることが出来ます。諸手切返投などでもそうですが、始めに相手の親指を切っておかないと、後の投げにはなかなか繋がりません。そういう“ちょっとしたこと”のように見えますが、そこが出来ているかいないかがその後の全てに繋がっているのだと思いました。
 段が上がるに連れて一つの動きの中にいくつもの動きの要素が入ってきます。そして、それらのうち一つでもショートカットしてしまうと、技がかからないばかりか、力でやろうとしてしまい相手が痛い思いをすることになったりします。なので、技が掛からない時は自分が何かを抜かしていないかを考えるようになりました。
 日常でも忙しい毎日の中で、挨拶や礼儀などがこの要素に当たると思いました。昔の人はその事を知っていたのだと思います。だから、私たちはそれらを自然にやっています。このように、基本になるものを「意識して出来る」から「意識しなくても出来る」ようになることを意識してゆくと、日常も技もスムーズに行くと思うので、その大切さを忘れずに日常と修練に活かしてゆこうと思います。

(井上 恵以子 記)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中