平成29年2月9日木曜日の修法記

 本日は鎮魂行の後に基本修練を行い、復習科目と新科目の修練を行いました。

 復習科目と新科目について先輩拳士より以下のように指導して頂きました。

「払受蹴」
 受ける際に身体が残っていたので、体捌きで狙われている横三枚を躱すようにします。
「袖巻」
 肘から先の動きで無理に腕を捻じ込んでいたので、体捌きを使って相手の手首を殺すように意識して相手の腕をS字にします。
「袖巻天秤」
 固めの際に真下ではなくて頭の方へ肩を曲げて、相手が前回りで逃げてしまわないように背骨を固めます。
「突天二」
 新科目として突天二を指導して頂きました。打上受の際は下方向へ少し下がる、この時に後ろには引かないようにします。引いてしまうと蹴りの間合になってしまいます。
「逆小手より裏返投 裏固」
 裏返投を主として修練し、どのように操作すれば相手が自分の意図した形・位置に倒れるかを研究しながら行いました。
「十字受蹴」
 払受蹴の時も同様でしたが、腕から受けないように、体捌きに腕がついてくるようにします。

〈考察〉
 本日は特に攻撃線を意識するように指導していただきました。どこの部位に攻撃を誘っているのかを明確にして、自分の構えと間合を意識しておきます。形に限らず「前に氣を出す」ということを実践したいのですが、しばしば正対し構えてから、この法形の注意点は…と考えてしまいます。相手の状態を感じる余裕もありませんでした。修練を行う時はさっと頭を切り替えるというのではなくて、常にそういう状態であるように努めたいと思います。

以上です、有り難うございました。

(柴田 千博 記)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中