平成29年3月2日木曜日の修法記

今日は副道院長の指導のもと新科目と科目の復習を行いました。

新科目は「裏投」を行いました。
裏投は道着を掴んで背投などの投げ技をしてくる時に行います。
表投より前の段階で攻者の動きを止めます。
この時に難しいのが相手の肘の内側に腕を入れて龍投のようなイメージで相手の脇に腕を入れていきます。

復習では「表投」を行いました。
攻者の肘を内側に近づけるようにして攻者の姿勢を崩すようにする。
相手から引かれるからと思って右手で攻めても相手は安定してしまいます。
肘を使うことを意識して行う。

「下受蹴小手投」
上中二連突の動きを使って行う。下受をして守者がどこを意識しているのかで状態が変わる。
ただ下受をするのではなく、自分の意識をもっと下に降ろす。拳を触れるだけではなく、その床に向かって触りにいくようなイメージを持つ。
床を触れている全体を把握しているという意識状態が相手に影響を与える。深さが相手に影響を与える。

「開足中段構より上中二連突」
この時に一動作で上中二連突を行うように指導されました。
一といっても今の状態では1、2というリズムになっている。1で行うには余計な動作を減らしていく。
振子の動きがあるから上段が出るようにする。竹とんぼのような振る動きが上中の動きになるようにする、
正中線から動けるようにする。

訓練法として左中段構、右中段構で帯を後ろから引っ張ってもらうことを行いました。
その状態で上中二連突を行うには蹴って動いていてはできません。
後ろから引っ張られるので蹴る動きでは前に進めないのです。
一動作で上中二連突を行うには蹴る動作ではない動きをする。
まずは肘、膝を伸ばした状態から一度曲げてその力を抜くことで前に進む。
重要なことはこの力は抜けないだろうと思うようなところを抜く。
無理だと思ったところを抜くことで自分の頭の中を変える必要がある。

今日の修練で感じたのは「限界からもう一歩進む」ということです。相手が突いてくる、相手が道着を掴んで投げてくる。攻者はとてもシンプルであるからその勢いに負けてしまう。
「意識の深いほうに引っ張られる」その話を聞いていて感じるのは日常でも簡単なことに引っ張られるということです。人は落ちまいと思ったらその方向に落ちてしまうようにネガティブなイメージが浮かぶと容易にそっちに引っ張られます。
嫌なイメージから離れるには、今日の修練でもあったように違う意識をイメージすることが大事なのだと思います。
瞑想をすることにしてもそうだと思います。自分の内に答えを求めるようにしていく。どうしても外側に答えを求めたくなるのですが、答えは内にあります。誰かに対してイライラすることも相手から自分の嫌なところを見せられるからイライラする。相手に文句を言っても解決するわけはありません。イライラするような自分が内にいるだけです。その自分に対してどう離れて見れるかが重要です。
帯を引っ張ってもらって上中二連突を行った時に感じたのは自分ではもう力は抜けないと思うのです。それでも少し促してもらうと抜ける場所がある。相手が悪いのではなく自分の身体の使い方が悪い。相手ではなく自分の問題です。自分の能力を超えるのはもう限界というところからが勝負になるのだと思います。超えることは出来ないと諦めるのか?まだ行けるともっと前に進むのかで技が出来るようになるかが決まるように思います。ダメだなと思ったらもう一歩、さらにもう一歩進めるようにまた修練をしていきたいと思います。

(近藤 健太郎 記)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中