平成29年3月27日月曜日の修法記

今日は道院長の指導の元、科目の復習を行いました。
以下の科目を指導して頂きました。
『首締』

 襟を捕る時にいきなり掴むと、相手が緊張する。
胸鎖乳突筋が緊張して効きが悪くなる。
なので、まずは相手の袖から掴んで襟を緩める。
その上で、下襟から奥襟にかけて滑らせて奥襟を掴んだ時には締めれるように間合をつめる。
奥襟は初めから握るのではなく軽く掴んでおいて、握る時には締めるようにする。
立ったまま捕る技ではなく締まったら相手の膝が緩むので、そのまま倒すようにして固める。

 別法として、『足締』で腹部、首と腕を締めることを行った。
足はクロスしながら伸ばして腹部の大動脈を圧迫するイメージで締める。
肋骨と骨盤の間に足をいれる。
首と腕を締める場合は総頸動脈と、鎖骨下動脈を圧迫するようにする。
拳を当てるようにした状態で行う。
「松風穴」をねらう。
『拳締』は首締守法をされても攻めれるようにする。
当て身を受ける時に攻者は腹部を緩めるようにしていたら突きは効かない。

『首締守法十字投』
相手が掴んでくる瞬間に突くと、効果的。
拳で突いて、相手の肘の内側に自分の肘を入れる。
肘を入れて相手の肘から背骨、腰椎三番、膝と連動させて固める。
肘は膝に連動している。
肘だけを攻めるのではなく、肘から腰椎三番、膝を攻める。

 訓練技として肘を攻めながら「後頚中穴」を薬指で攻めながら、右の中指で「ケンリョウ穴」を攻める。
その肘を通して背骨を連動させる感覚を学ぶ。
首(首は自我の固まり)が固まると、背骨が固まる。
肘だけで崩すことができるが、わかりにくいのでその感覚を学ぶ為に行う。

 肘を固定すると、相手が表投と同様の形になる。
右肩が下がって左肩が上がるような状態になる。この状態になると、相手は倒れやすい。倒れない時は肘の固定が上手くいかずに反対の手で相手を持ち上げようとしている。そうではなく、天秤を効かす形になる。
相手の脇から動かすように前に入ると効果的。
送天秤捕のような時も相手の脇に入る。
相手の脇に入ると相手は自然と、上に上がっていく。
離れてかけようとすると、相手は踏ん張れるので重たくなる。

 訓練法として、総頸動脈の位置を把握する。圧法として総頸動脈を攻める。
「仏骨穴」の横に総頸動脈がある。そこを圧迫すると力が抜ける。
筋、骨は多少切れたり、折れたりしても興奮していると分からない。
でも血流は少し妨げられるだけで力が入らなくなる。
血流の流れを吸い込むようなイメージを持つと相手の力の流れも感じやすい。

ここを押さえるとこう効果が出る、ということを確実に教えて頂けるのは有難いことです。
級の指導をしている時にこのような分かりやすい指導が出来たら良いなと思うのですが、技として自分自身の体感が伴っていないからなのか、動きとしては、こんなイメージというのは分かっていても言葉にするとイマイチ分かりにくくなります。
あれもこれも伝えないと、考えるのではなく一点に絞ったら良いのだと思います。
気づけば、伝えることばかりを考えてしまいます。
それよりも相手はどうやったら理解できるか、相手の立場に立ってもう少し考えてポイントとなるところをお話できるようにこれからも修練していきたいと思います。

(近藤 健太郎 記)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中