平成29年3月30日木曜日の修法記

本日は鎮魂行の後に基本修練・移動稽古を行い、復習科目の修練を行いました。

 復習科目について先輩拳士より以下のように指導して頂きました。

「蹴天三」「突天三」
 受ける際に自分の肘の近くで受けていたことがありましたので、手首で受けられるようにします。自分のタイミングで勝手に動くのではなくて相手を感じるように意識して修練しました。最後の同時蹴りの際にはしっかり後ろ足に体重が乗っているようにします。
「諸手引抜」
 鈎手守法をする段階で手を下げて、しっかり相手の親指を切るような形を作っておくように注意します。相手の親指の状態がどうか意識しながら行いました。
「巻小手」
 掛け手で相手の親指を伸ばさせます。握るのではなく三指を引っかけるようにします。崩す時には逆小手のように横に基準線を作るのではなくて、縦に巻いていくように相手を崩します。相手の手首の位置が動かないように注意します。
「引落」
 袖捕や上膊捕から相手が突っ張って来た時に相手の力に抵抗せずに腰を引きます。その後すぐに力の方向を変えて上に力が流れるようにすると、相手の肘が曲がり崩すことが出来ます。

 その後に柔法乱取を行い、後輩拳士の試験対策を行いました。

〈考察〉
 最近、日常で色々と考えさせられるようなことがあり、自分自身を見つめ直していました。その出来事から少し考え方や感覚が変わっているのを感じていました。また道場の中においても意識を置く部分であったり、前よりも少しだけ余裕があるのを感じました。同じ級位の拳士と比べたり出来ませんし、端から見て確かな変化なのかどうかは分かりませんが実感がありました。常日頃の自身のあり方が技に影響するというのを改めて認識し直しています。
 級拳士として先ずは技をしっかりかけられるようにと指導して頂いています。予定を調整して道場に通っているのですから、今度は技を通して自身を省みられるように努めていきたいです。自分が感じている感覚をいかに伝えるか、相手にいかに影響をさせていくのか、ということを意識して修練に励んでいきたいと思います。

以上です、有り難うございました。
(柴田 千博 記)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中