平成29年5月25日木曜日の修法記

本日の修練は、私は途中から遅れて参加させて頂く形となりましたので、内容が途中からの文章となりますこと、誠に恐れ入りますが御了承願います。

本日の修練は、大会発表に向けて各組に分かれて演武の練習を行いました。

大会に向けての演武の構成をあらかじめ決めていたのですが、私達はそれぞれの法形の型通りの動きを構成しているだけ状態でした。
ですがこの日の修練では、道場長の指導の下、私達が考えていた構成の演武に、我々が出来る範囲での創作性を組み込んだ技の変更をしてくださりました。
それにより、一つの法形の技でも突き蹴りや動きが増え、前と比べて大きく観せれる演武となりました。

そうして修練をしながら純粋に一つ思ったのは、「あ、この動きはカッコいいな」と思った事です。
普段道場で修練させて頂いている時はそう思うことはあまりありませんが、今回は大会であり、更には発表会という形で、観て頂ける少林寺拳法を知らない観客の方々にも、こういう凄い世界があるのだなと何かを持って帰って頂けるような演武会なのではないかと思います。
去年の大会に出場させて頂いた時も、自分の演武に点数評価が付く事によって、意識は自分の方向にしか向いていませんでした。そうではなく、観て頂ける方々へ意識を向けて挑む修練というのが、同じ修練でも何か感じ方が違いました。どう動けば観る人が感心してくれるか。その為に自分がどう形として出せるか。目の前の相手だけでなく観て下さる方々へ広く氣を向ける意識を持って修練に挑むことで、自分の動きを客観的に感じながら挑むことが出来た気がします。そこから感じたモノを、ブレさせる事なく自分の中心の軸に寄せながら、更に形を作り上げて行けるようこれからを挑んでいきたいです。

(西岡 大介 記)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中