平成29年9月4日月曜日の修法記

 本日は初段昇格考試に向けて、組演武、単演基本法形(相対)、法形から「逆天秤」「小手巻返」の修練を行いました。その後、後輩拳士と組み法形修練として「巻抜(片手)」の修練を行いました。
先輩拳士から以下のように指導して頂きました。

「逆天秤」
 極める際に、相手の肘の関節を過伸展させていたので、小指側を伸ばさせるように指導して頂きました。
「小手巻返」
 腕を掴まれて鈎手をする際に相手が足の小指側に体重がのるように崩します。そして丁字の形で寸脈を打つようにして体捌きで相手を倒すようにします。鈎手の基本通り、掴まれた場所を動かさないように指導されました。
「巻抜(片手)」
 鈎手の際に肘を脇から離さないように、体捌きを使うように指導されていました。

〈考察〉
 修練に参加していて、以前から逆技などで手首が痛むことが多いです。今回は巻抜でも気付くと歯を食いしばりながら行ってしまいました。手首には脳の緊張状態があらわれるとの御指導もあり、自分の意識と向き合うことが出来ていないなと反省をします。技においても、いつも同じような部分でつまづいている自分を振り返ると、どちらも似たような詰まりや硬直があるように感じました。困難から逃げるのではなく、この痛みを逆にヒントにして自らの意識を転換する機会としていきたいと思います。

以上です、有り難うございました。
(柴田 千博 記)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中