平成29年10月12日木曜日の修法記

本日は昇段試験を行う拳士と共に基本と抽出を行った後、新科目の「三角固」と、復習科目として「居捕送小手」と空乱の研究を行いました。

副道院長からは以下の様にご指導頂きました。

●三角固
送天秤捕から手を足で押さえて手を三角になるように固めるか、内関というツボを攻めます。内関を攻める時は、その延長にある手の外側の外関というツボを攻めるような気持ちで押さえます。ここを足で押さえる時に、ただ踏むのではなく一度相手の体幹に近づけるようにしてから外側に押さえます。すると相手の体側が伸び手も痛いので相手は動けなくなります。これは、心包系を攻めていることになり血流にも関係しています。また、酔い止めのツボでもあるので、ここを刺激すると意識がはっきりしたり、頭がすっきりした感覚を持つこともあります。

●居捕送小手
いつも通りに技をかけて、相手を送る時に手を大きく動かしてから送るのではなく、まずは足から動くように意識して下さい。相手の手に自分のお腹を付けに行くようにすると足が出ます。その後、肘を曲げ相手に近づくようにして入るとそれだけで相手は崩れます。手は最後に動かすようにして下さい。居捕の技は相手がしっかり立ったままで技をかけようとしても不利になるので、まずは相手を崩すことが大切です。

●空乱
空乱とは、乱捕りの攻者なら攻撃のみをし続け、守者なら受けだけをし続けるというものです。この空乱の時に守者は攻者の拳にそっと触れたままで受けてみて下さい。相手との繋がりを感じて動く。これが大切です。相手を感じることが出来るとそのエネルギーの流れを感じることも出来るのです。すると、受けをしてはいるけれど後退することなく、逆に相手に入ってゆくことができて自然に相手のエネルギーは相手に返ってゆきます。外から見ているとまるでダンスを踊っている二人に見えますね。守者と攻者が調和している。そういう視点で見ると、ダンスは最強と言えるかも知れません。

 本日は副道院長より普段はあまりしないようなことをしましょうと言って頂き、最後に空乱をさせて頂く機会がありました。乱捕りとはまた違い、守者は受けに徹することが出来ますし、攻者は攻撃することだけに集中できる一見シンプルなものです。しかし、やってみると守者の時はどんどん攻められて後退してしまうだけでなく、あろうことか無意識に反撃してしまう始末。自分の中の攻撃的な部分を見せられた気がして恥ずかしくなりました。また、攻者になった時は単攻撃になりがちで、前に出れずなかなか攻撃が続かなかったりもしました。
 次に、攻者の拳に手を当てて守者をして下さいと言われ、やってみると不思議と恐くありませんでした。相手と離れて動いていると、攻者と守者としての役割に飲み込まれ、ある意味そのフィクションの世界で攻者の時は相手を攻めようとか何とかして相手を倒そうとしてしまい、守者の時は恐いなとか逃げたいという気持ちに占領されている自分がいました。どころが、それが相手に触れていると相手との繋がりを感じることが出来、相手がどう動こうとしているかが分かるだけでなく、守者であっても相手に入って行けたり、反対に攻者なのに攻撃する気が無くなってしまい、最後は相手の拳士と笑い合っていたのがとても不思議でした。
 相手にただふわっと触れるだけで、こうも動きや自分の内面までも変わってしまうことに驚きました。同時に、武道で調和するということはこういう意識が大切なのだなと思いました。最終的には実際に相手に触れなくても触れているイメージを持って技を行うことが出来れば、相手とぶつかることもなくなりその上、倒された方にも残らず調和することが出来るのではないかと思います。
 技でもそうですが、日常のコミュニケーションにおいても、相手の心にそっと触れる意識が大切なのではないかと感じました。相手と私は違うからと壁や距離を作ったり、逆に、触れようとしてギュッと力で捩じ伏せようとしても相手は離れていくだけです。そうではなく、このそっと触れる感覚で相手に向き合うことが大切なのではないかと思いました。この空乱で得た「相手にそっと触れる」意識や感覚を修練や日常生活でも活かしてゆきたいと思いました。

(井上 恵以子 記)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中