平成29年11月9日木曜日の修法記

 本日の修練では、基本稽古及び鎮魂行の後、内受、腕十字固、逆手投、木葉送を行いました。

 内受、腕十字固は級拳士の方とともに行いました。
 まずお互いに開足中段構になって向かい合い、攻者は上段へ振子突、守者はそれを内受します。この時守者は正中線を意識して、まずはその線上からいなくなること、そして引手で相手の攻撃をもらって内受から出て返すように行いました。
 腕十字固では、相手の腕を捕る時に肘の方から滑らせてきて引っかかったところで捕ること、尺骨と橈骨では橈骨が動くので、それを動かさないように親指で固定して相手を返すこと、入身の際相手のかかとの延長線上の交点に入ることを指導していただきました。
 いずれも相手との正中線の位置取りや関係性によって技のかかり具合に変化があり、それを探りながら行いました。

 次に有段者は逆手投、木葉送の復習を行いました。
 逆手投では相手が崩れている時のポイントとして、膝の状態や天井を仰ぐようになることを確認した上で、力で掛けてしまうのではなく、相手の氣が流れている指先の方向を意識し、掛手も小谷に沿うように掛けることを指導していただきました。体格差のある相手で力で敵わない場合などは特に、相手の氣が流れている方向や力が抜けやすい角度などを感じることでスムーズに無理なく技が行えたように思います。
 木葉送では掛手から寸脈を打つまでの動きの中で、単に手首を引いてくるのではなく相手の正中線を纏うように掛けることを指導していただきました。この時は相手に引っ張られるというよりも、頭上に抜けていた体重が引っかかって自然と前に抜けるようなイメージです。
 最後に、手順を踏んで掛けていくことに慣れた後、相手が技に完全にかかり終えた状態を相手に触れる前からありありとイメージしておき、相手に触れた瞬間にはその状態になっているように掛ける訓練を行いました。

 特に柔法の修練だとわかりやすいと個人的に思っているのですが、体格差がある相手と組むと単に技が掛からないだけではなく「間の詰まり」を感じます。その詰まりを感じた後、体格差がそれほどない相手と組んで行うと、「間の詰まり」を強引に突破している自分に気づくことがあります。
 技の修練ではそうした詰まりを感じて、相手の皮膚や筋肉、骨や関節の間の空間にすっと入れるようにとか、氣が流れている方向にそのまま力が抜けるよう動くことを心がけていますが、その際に要となるのは「自分を消すこと」だと思います。そのために相手を感じていても自分が出てくることはあり、修練を通して「ああ、今自分が出ていたな」と気づく瞬間がありますが、これは日常のコミュニケーションにおいても言えることなのだろうなと感じます。
 自分を消して相手を感じる修練を通して、実生活でもその意識を持てるよう訓練していきたいです。

(梅田 海来 記)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中