平成29年12月14日木曜日の修法記

本日の修練は、鎮魂行、基本稽古を行った後、復習科目と学科を行いました。

・小手抜
この法形では、級拳士は相手の動きを目で見て真似をすること、つまりミラーニューロンを使い先輩拳士になりきる意識で技を行うこと副道院長から指導していただきました。

・上受突(表、裏)
この法形では、相手の手刀打に対して横へ避けてしまったり、体勢を崩して上受をしてしまったりしまうのではなく、まずは真っ直ぐ入り、そして危ないと感じた時に上受を行うこと、足も同じく横に出さずに真っ直ぐに入れることを先輩拳士から指導していただきました。

・片手投切返
この法形では、攻者が片手投を掛けてきた際に守者は相手の動きを吸収し投げることを副道院長に指導していただきました。

この他に二人一組になり向かい合い、片方が相手の腕を掴み自由に動きます。掴まれた側は目をつぶり相手の動きについて行き、この際に相手と常に正対して足運びも運歩法を用いるようにする。その次に同じく向かい合い腕を掴まれた側が中段突を行い、腕を掴んだ側はその突きを吸収しながら前に入る、ということも行いました。

・考察
本日は級拳士の方の相手をさせていただきました。二人の方の相手をさせていただいたのですが、一人の方は元々少林寺拳法をやっていた方で、もう一人の方は武道未経験です。元々されていた方には、出来ていない部分やアドバイスをしてほしいとのことだったので私の指摘できる範囲で伝えさせてもらいました。もう一人の方は、初心者からスタートしており、法形修練も動作を確認しながらしました。私はアドバイスをすることよりも相手の動きを観ることが重要だと思いました。道院長も待つ・観るということはとても肚が必要なことだと仰っていました。確かに私は待つということがまだまだ出来ていません。法形にはそれが顕著に現れます。相手の動きを待とうとしても、待てずに勝手に動き出してしまい、体勢を崩れてしまった経験があります。なので私は色々なアドバイスやポイントを言って出来ていないところを指摘するのではなく、一つのポイントを課題として置き、まずそこを達成してもらおうと思いました。それもミスがあったとしても、そこを気にせずに次に切り替える、そういった修練をすれば良いのではないのかと思いました。学科をしてくださった先輩拳士もお互いを受け入れて修練を行うことが大切だと仰っていた通り、相手の失敗も受け入れて失敗に囚われない修練を行なっていきたいと感じました。

(山崎 颯太 記)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中