平成30年2月1日木曜日の修法記

本日の修練は、私は途中から遅れて参加させて頂く形となりましたので、内容が途中からの文章となりますこと、誠に恐れ入りますが御了承願います。

本日は、2級への昇級試験に向けての指導をして頂きました。

・天地拳第二形
振突は腕だけでなく、腰を使いしっかりと相手の三合または四合へ向けて振突をすること。仁王受は、相手の突きを手で抑えつけるようにではなく、前体重から後ろ体重へ重心移動する過程で相手の突きを抑える意識でするようにと指導して頂きました。

この日は主に単演を指導して頂きましたが、一つ一つの動きに意味があることへの意識が足りていなかった事に気付かさせて頂いた修練でもありました。
突きでも相手のどこを突くのか、蹴りでも相手のどこを蹴るのか。受け等でも、正中線を意識しての受けが出来ていたか。そういう一つ一つの意識があり単演をしていたかどうか。
天地拳第2形の相対を指導した頂いたときに、これらの意識が無く「それなりに」やっている自分がいることに気付きました。
「自分だけ」でなく、自分の動きを相手は感じて動いて下さるということに気付いた時、自分の動きをもっと深めていかないといけないなと思いました。
こういう気付きを与えてくださる事への感謝を忘れることのなく、そして深めていく意識を忘れずに、これからも日々の修練を励んでいきたいです。

(西岡 大介 記)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中