平成30年5月31日木曜日の修練

本日の修練は基本稽古を、行った後各自大会に向けて演武修練を行いました。
各自道院長に演武を発表した後、道院長から少しだけ法話をしていただきました。演武はあくまでも修行の一つであることを忘れずに行わなければいけません。お互いに氣を交流させて、正中線を立てて真っ直ぐに構えて行うことで怪我を防ぎ、正中線を整えることで氣合をしっかりと出すことができます。また攻防の間合も適切であるかどうかということも大切です、と指導していただきました。
私は演武で武器を用いるのですが、武器があるだけで身体がかなり強張り、動きが大きくなります。突きや蹴りだけならかすったり、少しぐらい当たってもあまり問題がないのですが、武器を攻撃に使うと少しでも当たれば致命傷になる可能性があります。武器を相手にする際も大切なのは真っ直ぐに構えることだと感じました。武器を使用することは危険が伴いますが、そういう状況を模擬的に体験することで、学べることがあります。特に私は体勢や意識が引いてしまうので、それが顕著に出ているように感じました。氣が引けていると足が居着くので上半身だけで動いてしまいます。意識を下に下に置いて大会にも望み、通常の修練でも下に意識を置いて鍛錬するという課題を見つけることができた修練でした。

(山崎 颯太 記)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中